処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018198904 - ポリウレタン用着色防止剤及びその製造方法、並びにポリウレタン成形体

公開番号 WO/2018/198904
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/015994
国際出願日 18.04.2018
IPC
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
75
ポリ尿素またはポリウレタンの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
04
ポリウレタン
12
窒素および活性水素を含み,該窒素原子がイソシアネート基の一部分でない化合物からのもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06
活性水素を有する化合物との
28
活性水素含有使用化合物に特徴のあるもの
30
低分子量化合物
32
ポリヒドロキシ化合物;ポリアミン;ヒドロキシアミン
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
75
ポリ尿素またはポリウレタンの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
04
ポリウレタン
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
6
合成重合体の単一成分人造フィラメントまたはその類似物;その製造
58
単一縮重合生成物からのもの
70
ポリウレタンからのもの
C08L 75/12 (2006.01)
C08G 18/32 (2006.01)
C08L 75/04 (2006.01)
D01F 6/70 (2006.01)
CPC
C08G 18/32
C08L 75/04
C08L 75/12
D01F 6/70
出願人
  • 三光株式会社 SANKO CO., LTD. [JP/JP]; 福岡県久留米市通町8番地の16 8-16, Tohri-machi, Kurume-shi, Fukuoka 8300018, JP
発明者
  • 吉里 明彦 YOSHIZATO Akihiko; JP
  • 田野 裕幸 TANO Hiroyuki; JP
代理人
  • 棚井 澄雄 TANAI Sumio; JP
  • 五十嵐 光永 IGARASHI Koei; JP
  • 飯田 雅人 IIDA Masato; JP
優先権情報
2017-09055828.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ANTI-COLORING AGENT FOR POLYURETHANE, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND POLYURETHANE MOLDED BODY
(FR) AGENT ANTI-COLORATION POUR POLYURÉTHANE, PROCÉDÉ POUR LE PRODUIRE, ET CORPS MOULÉ EN POLYURÉTHANE
(JA) ポリウレタン用着色防止剤及びその製造方法、並びにポリウレタン成形体
要約
(EN)
This anti-coloring agent for polyurethane comprises a polymer composition having a structural unit represented by general formula (3), wherein the number average molecular weight (Mn) of the polymer composition is 10000-80000, and the molecular weight distribution (Mw/Mn) calculated from the number average molecular weight (Mn) and the weight average molecular weight (Mw) is 1.30-2.55. (3) -[(O-R1)i-N(R3)-(R2-O)j-CONHR4NHCO]- (in the formula, R1 and R2 are each independently a C2-5 alkylene group, R3 is a C1-10 alkyl group, R4 is a residue of an organic diisocyanate, i is an integer of 1-4, and j is an integer of 1-4).
(FR)
La présente invention concerne un agent anti-coloration pour polyuréthane comprenant une composition polymère ayant un motif structurel représenté par la formule générale (3), le poids moléculaire moyen en nombre (Mn) de la composition polymère étant de 10 000 à 80 000, et la distribution des poids moléculaires (Mw/Mn) calculés à partir du poids moléculaire moyen en nombre (Mn) et du poids moléculaire moyen en poids (Mw) étant de 1,30 à 2,55. (3) -[(O-R1)i-N(R3)-(R2-O)j-CONHR4NHCO]- (dans la formule, R1 et R2 sont chacun indépendamment un groupe alcylène en C2 à C5, R3 est un groupe alkyle en C1 à C10, R4 est un résidu d’un diisocyanate organique, i est un nombre entier d’une valeur de 1 à 4, et j est un nombre entier d’une valeur de 1 à 4).
(JA)
本発明のポリウレタン用着色防止剤は、下記一般式(3)で表される構成単位を有する重合体組成物からなるポリウレタン用着色防止剤であって、前記重合体組成物の数平均分子量(Mn)が、10000≦Mn≦80000であり、且つ、前記数平均分子量(Mn)及び重量平均分子量(Mw)から算出される分子量分布度(Mw/Mn)が、1.30以上2.55以下である。 -[(O-R-N(R)-(R-O)-CONHRNHCO]- ・・・(3) (式中、R及びRはそれぞれ独立に炭素数2~5のアルキレン基であり、Rは炭素数1~10のアルキル基であり、Rは有機ジイソシアナートの残基であり、iは1~4の整数であり、jは1~4の整数である。)
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報