国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018198873) 光伝送方法および光伝送装置

Pub. No.:    WO/2018/198873    International Application No.:    PCT/JP2018/015797
Publication Date: Fri Nov 02 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Wed Apr 18 01:59:59 CEST 2018
IPC: H04B 10/2575
H04B 10/2537
H04B 10/63
Applicants: TOHOKU UNIVERSITY
国立大学法人東北大学
Inventors: NAKAZAWA Masataka
中沢 正隆
IWATSUKI Katsumi
岩月 勝美
HIROOKA Toshihiko
廣岡 俊彦
YOSHIDA Masato
吉田 真人
KASAI Keisuke
葛西 恵介
Title: 光伝送方法および光伝送装置
Abstract:
【課題】簡便な構成で経済性が高く、且つロスバジェットの大きい後方レイリー散乱非混合型の光伝送方法及び光伝送装置を提供する。 【解決手段】基地局ベースバンド部1とアンテナ無線部3との間で無線信号を、光ファイバ2を介して伝送させる。基地局ベースバンド部1に配置されたレーザ光源11を、アンテナ無線部3への下り信号の伝送用光源として用いると共に、アンテナ無線部3からの上り信号の受信用局発光源として用いる。アンテナ無線部3に配置されたレーザ光源31を、基地局ベースバンド部1への上り信号の伝送用光源として用いると共に、基地局ベースバンド部1からの下り信号の受信用局発光源として用いる。上り信号と下り信号は互いに異なる周波数で伝送する。基地局ベースバンド部1および/またはアンテナ無線部3で、注入同期法又は光位相同期ループを用いて、信号光と受信用局発光源との光位相同期を行う。