処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018198865 - サイロ

公開番号 WO/2018/198865
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/015753
国際出願日 16.04.2018
IPC
G 物理学
01
測定;試験
K
温度の測定;熱量の測定;他に分類されない感温素子
13
特殊な目的に対する温度計の適用
10
堆積物の内部温度を測定するもの
G 物理学
01
測定;試験
K
温度の測定;熱量の測定;他に分類されない感温素子
7
熱に直接感応する電気的または磁気的素子の使用を基礎とした温度測定
02
熱電素子,例.熱電対,を使うもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
90
大形容器の構成要素,細部または付属品
48
指示または測定装置の配置
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
F
脱穀 ;わら,乾草または類似のものの梱包;わら,乾草または類似のものを束にする,またはしばるための定置装置または手道具;わら,乾草または類似のものの切断;農業収穫物または園芸収穫物の貯蔵
25
農業または園芸生産物の貯蔵;収穫した果実の吊り下げ
G01K 13/10 (2006.01)
G01K 7/02 (2006.01)
B65D 90/48 (2006.01)
A01F 25/00 (2006.01)
CPC
A01F 25/00
B65D 90/48
G01K 13/10
G01K 7/02
出願人
  • 千代田化工建設株式会社 CHIYODA CORPORATION [JP/JP]; 神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目6番2号 4-6-2, Minatomirai, Nishi-ku, Yokohama-shi Kanagawa 2208765, JP
  • 関西電力株式会社 THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区中之島三丁目6番16号 6-16, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi Osaka 5308270, JP
発明者
  • 鈴木 裕晶 SUZUKI Hiroaki; JP
  • 日置 輝夫 HIOKI Teruo; JP
  • 前田 守彦 MAEDA Morihiko; JP
  • 甲斐 大介 KAI Daisuke; JP
  • 桑野 理 KUWANO Satoshi; JP
  • 糸川 敦 ITOKAWA Atsushi; JP
  • 西浦 秀成 NISHIURA Hidenari; JP
代理人
  • 三木 友由 MIKI Tomoyoshi; JP
優先権情報
2017-08822627.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SILO
(FR) SILO
(JA) サイロ
要約
(EN)
This coal silo 100 is provided with a lateral wall 104 which is erected on a base 102, and a temperature measuring cable 10 which includes a thermocouple for detecting heating of the coal stored in the coal silo 100. The temperature measuring cable 10 is suspended near the lateral wall 104, and the thermocouple is embedded in the coal near the lateral wall 104.
(FR)
L'invention concerne un silo à charbon 100 qui comprend une paroi latérale 104 qui est dressée sur une base 102, et un câble de mesure de température 10 qui comprend un thermocouple pour détecter le chauffage du charbon stocké dans le silo à charbon 100. Le câble de mesure de température 10 est suspendu à proximité de la paroi latérale 104, et le thermocouple est intégré dans le charbon à proximité de la paroi latérale 104.
(JA)
石炭サイロ100は、基礎102上に立設された側壁104と、石炭サイロ100内に貯蔵された石炭の発熱を検出するための熱電対を含む測温ケーブル10とを備える。測温ケーブル10は、側壁104の近傍に垂下され、熱電対は側壁104の近傍の石炭中に埋設される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報