国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018198852) 多孔性触媒、燃料電池用触媒層、電極、膜電極接合体、及び燃料電池、並びに多孔性触媒の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/198852    International Application No.:    PCT/JP2018/015677
Publication Date: Fri Nov 02 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Tue Apr 17 01:59:59 CEST 2018
IPC: B01J 27/051
B01J 35/10
B01J 37/08
H01M 4/86
H01M 4/90
H01M 8/10
Applicants: SUZUTOYO SEIKO CO., LTD.
鈴豊精鋼株式会社
ENVIRONMENTAL SCIENCE INSTITUTE, LTD.
有限会社環境科学研究所
Inventors: YOSHII Kumiko
吉井 久美子
UENO Hideo
上野 秀男
Title: 多孔性触媒、燃料電池用触媒層、電極、膜電極接合体、及び燃料電池、並びに多孔性触媒の製造方法
Abstract:
【課題】燃料電池の酸性電解質中や高電位で腐食せず、安定であり、電解質膜と接する面に存在する触媒粒子だけでなく、電解質膜から離れた場所に存在する触媒層中の触媒粒子に形成される気相(加湿した反応ガス)、液相の三相界面においても、電極反応に有効に関与する、触媒粒子の利用効率が高く、高い酸素還元能を有し、高特性が得られ、かつ白金と比べ安価である触媒の提供であり、かくして燃料電池は、高特性でかつ長寿命を有する上、比較的安価で経済性に優れたものとなる。 【解決手段】モリブデン、ホウ素および下記金属K(タンタル、ジルコニウム、銅、鉄、タングステン、チタン、バナジウム、コバルト、マンガン、アルミニウムおよびニッケルからなる群より選択された少なくとも1種の金属)を含有する硫黄含有炭窒酸化物を含む多孔性触媒が提供される。