処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018198844 - 有機電界発光素子

公開番号 WO/2018/198844
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/015633
国際出願日 16.04.2018
IPC
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51
能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
50
光放出に特に適用されるもの,例.有機発光ダイオード(OLED)または高分子発光ダイオード(PLED)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11
発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
06
有機発光性物質を含有するもの
H 電気
05
他に分類されない電気技術
B
電気加熱;他に分類されない電気照明
33
エレクトロルミネッセンス光源
10
エレクトロルミネッセンス光源の製造に特に適用する装置または方法
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
209
異項原子として1個の窒素原子のみを含有し,他の環と縮合している5員環からなる複素環式化合物
56
3個またはそれ以上の環からなる環系
80
―または―縮合しているもの
82
カルバゾール;水素添加したカルバゾール
86
環の炭素原子に直接結合する水素原子,炭化水素基または置換炭化水素基のみを有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
403
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,401/00に属さない複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
487
縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,451/00から477/00までに属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソー縮合系
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
519
相互に,または共有している炭素環系を介して縮合した2個以上の関連する複素環からなる2個以上の系を含有し,453/00から455/00に属さない複素環式化合物
H01L 51/50 (2006.01)
C09K 11/06 (2006.01)
H05B 33/10 (2006.01)
C07D 209/86 (2006.01)
C07D 403/14 (2006.01)
C07D 487/04 (2006.01)
CPC
C07D 209/86
C07D 403/14
C07D 487/04
C07D 519/00
C09K 11/06
H01L 51/50
出願人
  • 日鉄ケミカル&マテリアル株式会社 NIPPON STEEL CHEMICAL & MATERIAL CO.,LTD. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋一丁目13番1号 13-1,Nihonbashi 1-chome,Chuo-ku,Tokyo 1030027, JP
発明者
  • 小川 淳也 OGAWA Junya; JP
  • 多田 匡志 TADA Masashi; JP
代理人
  • 佐々木 一也 SASAKI Kazuya; JP
  • 佐野 英一 SANO Eiichi; JP
  • 原 克己 HARA Katsumi; JP
  • 久本 秀治 HISAMOTO Shuji; JP
  • 成瀬 勝夫 NARUSE Katsuo; JP
優先権情報
2017-08845627.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ORGANIC ELECTROLUMINESCENT ELEMENT
(FR) ÉLÉMENT ÉLECTROLUMINESCENT ORGANIQUE
(JA) 有機電界発光素子
要約
(EN)
Provided is an organic EL element which exhibits high efficiency and high operational stability, while having low driving voltage. An organic electroluminescent element which has a light emitting layer between a positive electrode and a negative electrode facing each other, and which is characterized in that the light emitting layer contains a first host that is selected from among indolocarbazole compounds represented by general formula (1), a second host that is selected from among biscarbazole compounds represented by general formula (2), and a luminescent dopant material.
(FR)
L'invention concerne un élément électroluminescent organique qui présente une efficacité élevée et une grande stabilité de fonctionnement, tout en étant exploité à basse tension d'attaque. Un élément électroluminescent organique qui a une couche électroluminescente entre une électrode positive et une électrode négative se faisant face, et qui est caractérisé en ce que la couche électroluminescente contient un premier hôte qui est choisi parmi des composés d'indolocarbazole représentés par la formule générale (1), un second hôte qui est choisi parmi des composés de biscarbazole représentés par la formule générale (2), et un matériau dopant luminescent.
(JA)
低駆動電圧でありながら高効率で、高い駆動安定性を有した有機EL素子を提供する。 対向する陽極と陰極の間に発光層を有し、この発光層が一般式(1)で表されるインドロ カルバゾール化合物から選ばれる第1ホストと、一般式(2)で表されるビスカルバゾール化合物から選ばれる第2ホスト、及び発光性ドーパント材料を含有することを特徴とする有機電界発光素子。
他の公開
EP2018790670
JP2019514398
国際事務局に記録されている最新の書誌情報