処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018198842 - 非アルコール性脂肪性肝疾患用治療剤

公開番号 WO/2018/198842
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/015629
国際出願日 14.04.2018
IPC
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45
31/00~41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
455
ニコチン酸,例.ナイアシン;その誘導体,例.エステル,アミド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
50
ピリダジン;水素添加ピリダジン
502
炭素環系とオルソ又はペリ縮合したもの,例.シンノリン,フタラジン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
1
消化器官,消化系統の疾患治療薬
16
肝臓,胆嚢疾患用薬,例.肝臓保護剤,胆汁排出促進剤,胆石溶解剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
A61K 45/00 (2006.01)
A61K 31/455 (2006.01)
A61K 31/502 (2006.01)
A61P 1/16 (2006.01)
A61P 43/00 (2006.01)
CPC
A61K 31/455
A61K 31/502
A61K 45/00
A61P 1/16
A61P 43/00
出願人
  • 国立大学法人九州大学 KYUSHU UNIVERSITY, NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION [JP/JP]; 福岡県福岡市西区元岡744 744, Motooka, Nishi-ku, Fukuoka-shi Fukuoka 8190395, JP
発明者
  • 石井 祐次 ISHII Yuji; JP
  • 竹内 健二 TAKEUCHI Kenji; JP
代理人
  • 弁理士 本夛伸介 HONDA Shinsuke; JP
優先権情報
2017-08491223.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) THERAPEUTIC AGENT FOR NONALCOHOLIC FATTY LIVER DISEASE
(FR) AGENT THÉRAPEUTIQUE POUR LA STÉATOSE HÉPATIQUE NON ALCOOLIQUE
(JA) 非アルコール性脂肪性肝疾患用治療剤
要約
(EN)
Provided is a prophylactic/therapeutic drug capable of improving fatty liver (NAFL) and early nonalcoholic steatohepatitis (NASH) from among the nonalcoholic fatty liver diseases (NAFLD) for which no effective treatment method is widely available at present. The present invention primarily has an aldehyde oxidase inhibitor as an active ingredient, and secondarily has an aldehyde oxidase inhibitor and nicotinic acid and/or a nicotinic acid derivative as active ingredients, thereby making it possible to effectively prevent/treat and improve nonalcoholic fatty liver disease, especially nonalcoholic steatohepatitis (NASH) caused by a metabolic pathway in which nicotinamide N1-methyl transferase (NNMT) and aldehyde oxidase function (fig. 3).
(FR)
L'invention concerne un médicament prophylactique/thérapeutique susceptible d'améliorer la stéatose hépatique non alcoolique (NAFL) et la stéatohépatite non alcoolique (NASH) précoce, parmi les stéatoses hépatiques non alcooliques (NAFLD) pour lesquelles aucune méthode de traitement efficace n'est largement disponible actuellement. La présente invention a comme principe actif principal un inhibiteur de l'aldéhyde oxydase, et comme principes actifs secondaires un inhibiteur de l'aldéhyde oxydase ainsi que de l'acide nicotinique et/ou un dérivé de l'acide nicotinique, permettant ainsi de prévenir/traiter efficacement et d'améliorer la stéatose hépatique non alcoolique, en particulier la stéatohépatite non alcoolique (NASH) provoquée par une voie métabolique à laquelle participent la nicotinamide N1-méthyl transférase (NNMT) et l'aldéhyde oxydase (fig. 3).
(JA)
現在、有効な治療法が普及していない非アルコール性脂肪性肝疾患 (NAFLD)のうち、脂肪肝(NAFL)および初期の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を改善できる予防・治療薬を提供することにある。 本発明によれば、第一にアルデヒドオキシダーゼ阻害剤を有効成分とすること、第二にアルデヒドオキシダーゼ阻害剤及びニコチン酸及び/又はニコチン酸誘導体を有効成分とすることにより、非アルコール性脂肪性肝疾患、特にnicotinamide N1-methyl transferase (NNMT)とアルデヒドオキシダーゼが機能する代謝経路に起因して発症する非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を有効に予防・治療改善することができる(図3)。
他の公開
JP2019514396
国際事務局に記録されている最新の書誌情報