このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018198817) 安定型Fc結合性タンパク質、当該タンパク質の製造方法および当該タンパク質を用いた抗体吸着剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/198817 国際出願番号: PCT/JP2018/015487
国際公開日: 01.11.2018 国際出願日: 13.04.2018
IPC:
C12N 15/12 (2006.01) ,B01D 15/32 (2006.01) ,B01J 20/24 (2006.01) ,C07K 14/735 (2006.01) ,C07K 16/00 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 15/63 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12
動物蛋白質をコードする遺伝子
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
15
固体吸着剤による液体の処理を含む分離方法;その装置
08
選択的吸着,例.クロマトグラフィー
26
分離機構に特徴があるもの
32
結合相クロマトグラフィー,例.通常の結合相,逆相または疎水性相互作用を伴うもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
22
有機物からなるもの
24
天然高分子化合物,例.フミン酸またはその誘導体
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
705
レセプター;細胞表面抗原;細胞表面決定因子
735
FCレセプタ
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
63
ベクターを用いた外来遺伝物質の導入;ベクター;そのための宿主の使用;発現の制御
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人:
東ソー株式会社 TOSOH CORPORATION [JP/JP]; 山口県周南市開成町4560番地 4560, Kaisei-cho, Shunan-shi, Yamaguchi 7468501, JP
発明者:
寺尾陽介 TERAO Yosuke; JP
山中直紀 YAMANAKA Naoki; JP
木津奈都子 KIZU Natsuko; JP
遠藤諭 ENDO Satoshi; JP
大江正剛 OE Seigo; JP
優先権情報:
2017-08680826.04.2017JP
発明の名称: (EN) STABLE FC BINDING PROTEIN, METHOD FOR PRODUCING SAID PROTEIN, AND ANTIBODY ADSORBENT IN WHICH SAID PROTEIN IS USED
(FR) PROTÉINE DE LIAISON FC STABLE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE LADITE PROTÉINE, ET ADSORBANT D’ANTICORPS DANS LEQUEL LADITE PROTÉINE EST UTILISÉE
(JA) 安定型Fc結合性タンパク質、当該タンパク質の製造方法および当該タンパク質を用いた抗体吸着剤
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing FcRn having improved stability with respect to heat and acids, a method for producing said FcRn, an antibody adsorbent in which said FcRn is used, and an antibody isolation method in which said adsorbent is used. The above problem is solved by substituting an amino acid residue at a specific position in an extracellular region of a human FcRn α chain and/or a β2 microglobulin region of a human FcRn β chain by another specific amino acid.
(FR) Le problème décrit par la présente invention est de fournir un FcRn présentant une stabilité améliorée par rapport à la chaleur et aux acides, un procédé de production dudit FcRn, un adsorbant d’anticorps dans lequel ledit FcRn est utilisé, et un procédé d’isolement d’anticorps dans lequel ledit adsorbant est utilisé. La solution selon l'invention consiste à substituer un résidu d’acides aminés à une position spécifique dans une région extracellulaire d’une chaîne FcRn α humaine et/ou dans une région de microglobuline β2 d’une chaîne FcRn β humaine par un autre acide aminé spécifique.
(JA) 熱や酸に対する安定性が向上したFcRn、当該FcRnの製造方法、当該FcRnを用いた抗体吸着剤、および当該吸着剤を用いた抗体の分離方法を提供すること。 ヒトFcRnα鎖の細胞外領域および/またはヒトFcRnβ鎖のβ2ミクログロブリン領域中の特定位置にあるアミノ酸残基を他の特定のアミノ酸に置換することで前記課題を解決する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)