処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018198794 - シーラントフィルム及び包装材

公開番号 WO/2018/198794
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/015358
国際出願日 12.04.2018
IPC
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
32
ポリオレフインからなるもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
04
多層または多色物品の製造
06
多層物品
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
12
押出ノズルまたはダイ
20
管状開口を有するもの,例.管状物品のためのもの
26
多層管状押出ノズル
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
55
延伸による成形,例.ダイを通して引き抜くもの;そのための装置
28
ブローされた管状フィルムの,例.インフレーションによるもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
65
被包材または可撓性カバー;特殊形式の包装材
38
特殊な型または形の包装材
40
特定の包装目的のためのラミネート材の応用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
23
ポリアルケンを成形材料として使用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
45
側鎖に不飽和脂肪族基を有しない不飽和環状化合物の重合体,例.クマロン―インデン樹脂,を成形材料として使用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
7
板状物品,例.フィルムまたはシート
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
9
積層体
B32B 27/32 (2006.01)
B29C 47/06 (2006.01)
B29C 47/26 (2006.01)
B29C 55/28 (2006.01)
B65D 65/40 (2006.01)
B29K 23/00 (2006.01)
CPC
B29C 48/18
B29C 48/30
B29C 48/335
B29C 55/28
B32B 27/32
B65D 65/40
出願人
  • DIC株式会社 DIC CORPORATION [JP/JP]; 東京都板橋区坂下三丁目35番58号 35-58, Sakashita 3-chome, Itabashi-ku, Tokyo 1748520, JP
発明者
  • 浜崎 桂輔 HAMASAKI Keisuke; JP
  • 薄井 達彦 USUI Tatsuhiko; JP
代理人
  • 小川 眞治 OGAWA Shinji; JP
優先権情報
2017-08717026.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SEALANT FILM AND PACKAGING MATERIAL
(FR) FILM DE SCELLEMENT ET MATÉRIAU D'EMBALLAGE
(JA) シーラントフィルム及び包装材
要約
(EN)
Provided is a sealant film, characterized in that: the sealant film comprises a laminated film in which an outer layer, an intermediate layer, and an inner layer are laminated; the outer layer and the inner layer contain a polyethylene-based resin; the intermediate layer contains a straight-chain low-density polyethylene and a cyclic olefin-based resin; the cyclic olefin-based resin content in the resin constituents contained in the intermediate layer is 20–40% by mass; and the standardized molecular orientation Morc value, when the reference thickness measured using a microwave molecule orientation meter is 60 µm, is at least 1.025. Through the use of the sealant film, outstanding ease of tearing and straight cutting properties can be achieved, and during high-temperature processing, inner-surface fusion of a packaging material and an uneven exterior-appearance thereof can be suppressed.
(FR)
L'invention concerne un film de scellement, caractérisé en ce que : le film de scellement comprend un film stratifié dans lequel une couche externe, une couche intermédiaire et une couche interne sont stratifiées; la couche externe et la couche interne contiennent une résine à base de polyéthylène; la couche intermédiaire contient un polyéthylène basse densité à chaîne droite et une résine à base d'oléfine cyclique; la teneur en résine à base d'oléfine cyclique dans les constituants de résine contenus dans la couche intermédiaire est de 20 à 40 % en masse; et la valeur de Morc d'orientation moléculaire normalisée, lorsque l'épaisseur de référence mesurée à l'aide d'un dispositif de mesure d'orientation de molécule à micro-ondes est de 60 µm, est d'au moins 1,025. Grâce à l'utilisation du film de scellement, une facilité remarquable de déchirement et des propriétés de coupe droite peuvent être obtenues, et pendant un traitement à haute température, une fusion de surface interne d'un matériau d'emballage et un aspect extérieur irrégulier de ce dernier peuvent être supprimés.
(JA)
外層、中間層及び内層が積層された積層フィルムからなり、外層及び内層がポリエチレン系樹脂を含有し、中間層が、直鎖状低密度ポリエチレン及び環状オレフィン系樹脂を含有し、前記中間層中に含まれる樹脂成分中の前記環状オレフィン系樹脂の含有量が20~40質量%であり、マイクロ波方式分子配向計にて測定される基準厚さを60μmとしたときの規格化分子配向MORc値が1.025以上であることを特徴とするシーラントフィルムにより、優れた易引き裂き性や直進カット性を実現でき、高温処理時の包装材の内面融着や外観ムラを抑制できる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報