処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018198786 - 内燃機関のピストン及び内燃機関のピストン冷却制御方法

公開番号 WO/2018/198786
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/015347
国際出願日 12.04.2018
IPC
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
10
表面被覆のあるもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
24
無機質粉末から出発する被覆
08
熱または圧力と熱の適用によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
P
機械またはエンジンの冷却;内燃機関の冷却
3
液体冷却
06
ピストンを冷却するための装置
10
ピストンを通る冷媒流による冷却
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
P
機械またはエンジンの冷却;内燃機関の冷却
7
冷媒流の制御
14
冷媒が液体であるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
P
機械またはエンジンの冷却;内燃機関の冷却
7
冷媒流の制御
14
冷媒が液体であるもの
16
温度制御によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
16
冷却手段のあるもの
20
ピストンに沿うまたは貫通する流体の流れによる冷却手段
22
その流体が液体であるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
J
ピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
1
ピストン;トランクピストン;プランジャ
01
特殊な材料の使用によって特徴づけられたもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
J
ピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
1
ピストン;トランクピストン;プランジャ
09
流体を案内するための手段をもつ
F02F 3/10 (2006.01)
C23C 24/08 (2006.01)
F01P 3/10 (2006.01)
F01P 7/14 (2006.01)
F01P 7/16 (2006.01)
F02F 3/00 (2006.01)
CPC
C23C 24/08
F01P 3/10
F01P 7/14
F01P 7/16
F02F 3/00
F02F 3/10
出願人
  • 日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者
  • 助川 義寛 SUKEGAWA Yoshihiro; JP
  • 高橋 智一 TAKAHASHI Norikazu; JP
代理人
  • ポレール特許業務法人 POLAIRE I.P.C.; 東京都中央区日本橋茅場町二丁目13番11号 13-11, Nihonbashikayabacho 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030025, JP
優先権情報
2017-08592025.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) INTERNAL-COMBUSTION ENGINE PISTON, AND METHOD FOR CONTROLLING COOLING OF INTERNAL-COMBUSTION ENGINE PISTON
(FR) PISTON DE MOTEUR À COMBUSTION INTERNE ET PROCÉDÉ DE COMMANDE DU REFROIDISSEMENT D'UN PISTON DE MOTEUR À COMBUSTION INTERNE
(JA) 内燃機関のピストン及び内燃機関のピストン冷却制御方法
要約
(EN)
The objective of the present invention is to provide a novel internal-combustion engine piston with which it is possible to achieve both an improvement in thermal efficiency and a reduction in harmful components of exhaust gas, and with which the occurrence of abnormal combustion such as knocking and pre-ignition can be suppressed. A cooling passage 200 is formed in a piston, and on the surface of a piston top face are provided a first heat shielding layer 101 made from a material having a lower thermal conductivity and volumetric specific heat than those of a piston base material, and a second heat shielding layer 102 made from a material having a lower thermal conductivity and volumetric specific heat than those of the first heat shielding layer 101, wherein a first distance between the first heat shielding layer 101 and the cooling passage 200 is set to be less than a second distance between the second heat shielding layer 102 and the cooling passage 200. Cooling losses can be reduced by means of the second heat shielding layer, and harmful components of exhaust gas can be reduced by promoting vaporization of fuel attached to the piston, by means of the first heat shielding layer. Further, since the first distance is less than the second distance, the temperature of the first heat shielding layer does not rise excessively, and therefore the occurrence of knocking and pre-ignition can be suppressed.
(FR)
L'objet de la présente invention est de fournir un nouveau piston de moteur à combustion interne avec lequel il est possible d'obtenir à la fois une amélioration de l'efficacité thermique et une réduction des composants nocifs de gaz d'échappement, et avec lequel l'apparition d'une combustion anormale, telle qu'un cognement et un pré-allumage, peut être supprimée. Un passage de refroidissement 200 est formé dans un piston, et sur la surface d'une face supérieure de piston sont disposées une première couche de protection thermique 101 constituée d'un matériau ayant une conductivité thermique et une chaleur spécifique volumétrique inférieures à celles d'un matériau de base de piston, et une seconde couche de protection thermique 102 constituée d'un matériau ayant une conductivité thermique et une chaleur spécifique volumétrique inférieures à celles de la première couche de protection thermique 101, une première distance entre la première couche de protection thermique 101 et le passage de refroidissement 200 étant réglée pour être inférieure à une seconde distance entre la seconde couche de protection thermique 102 et le passage de refroidissement 200. Des pertes de refroidissement peuvent être réduites au moyen de la seconde couche de protection thermique, et les composants nocifs de gaz d'échappement peuvent être réduits en favorisant la vaporisation du carburant fixé au piston, au moyen de la première couche de protection thermique. En outre, étant donné que la première distance est inférieure à la seconde distance, la température de la première couche de protection thermique n'augmente pas excessivement, et par conséquent l'apparition d'un cognement et d'un pré-allumage peut être supprimée.
(JA)
熱効率の向上と排気有害成分の低減を両立し、かつノッキングやプレイグニッション等の異常燃焼の発生を抑制することができる新規な内燃機関のピストンを提供することにある。ピストン内に冷却通路200を形成し、且つピストン頂面の表面に、ピストン基材に比べて熱伝導率と容積比熱が小さい材料で作られた第1の遮熱層101と、この第1の遮熱層101に比べて熱伝導率と容積比熱が小さい材料で作れられた第2の遮熱層102とを設け、第1の遮熱層101と冷却通路200とを結ぶ第1の距離が、第2の遮熱層102と冷却通路200とを結ぶ第2の距離の距離よりも短く設定されている。第2の遮熱層によって冷却損失を低減すると共に、第1の遮熱層によってピストンに付着した燃料の気化が促進されて排気ガス有害成分を低減できる。また、第1の距離が、第2の距離よりも小さいので、第1の遮熱層の温度が過度に上昇することがないのでノッキングやプレイグニッションの発生を抑制することができる。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報