処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018198661 - ガラスロールの製造方法及びガラスロール

公開番号 WO/2018/198661
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/013274
国際出願日 29.03.2018
IPC
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
17
繊維やフィラメントの形態をとらないガラス,例.結晶化ガラス,の被覆による表面処理
34
組成の異る少くとも2種の被覆を有するもの
42
少くとも1つが有機物質の被覆でありかつ少くとも1つが非金属被覆であるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17
本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06
層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
14
被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
22
被覆の方法に特徴のあるもの
34
スパッタリング
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
14
被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
22
被覆の方法に特徴のあるもの
56
連続被覆のために特に適合した装置;真空を維持するための装置,例.真空ロック
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
5
形を特徴とする非絶縁導体または導電物体
14
絶縁支持体上に導電層または導電フイルムを有するもの
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
13
導体またはケーブルを製造するために特に使用する装置または方法
C03C 17/42 (2006.01)
B32B 17/06 (2006.01)
C23C 14/34 (2006.01)
C23C 14/56 (2006.01)
H01B 5/14 (2006.01)
H01B 13/00 (2006.01)
CPC
B32B 17/06
B32B 7/06
C03C 17/42
C23C 14/34
C23C 14/56
H01B 13/00
出願人
  • 日本電気硝子株式会社 NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD. [JP/JP]; 滋賀県大津市晴嵐2丁目7番1号 7-1, Seiran 2-chome, Otsu-shi, Shiga 5208639, JP
発明者
  • 森 弘樹 MORI Hiroki; JP
代理人
  • 城村 邦彦 SHIROMURA Kunihiko; JP
  • 熊野 剛 KUMANO Tsuyoshi; JP
  • 山本 淳也 YAMAMOTO Junya; JP
優先権情報
2017-08982228.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) GLASS ROLL PRODUCTION METHOD AND GLASS ROLL
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN ROULEAU DE VERRE ET ROULEAU DE VERRE
(JA) ガラスロールの製造方法及びガラスロール
要約
(EN)
This glass roll production method comprises a glass film supply step of dispensing a band-shaped first glass film 2A in a predetermined direction, a film-forming step of heat-forming a transparent electric conductive film 3 on one surface 2a of the first glass film 2A to form a second glass film 2B, a protective film supply step of superimposing, on the other surface 2b of the second glass film 2B, a band-shaped protective film 4 having an adhesive surface, to form a third glass film 2C, and a winding up step of winding up the third glass film 2C into a roll.
(FR)
L'invention concerne un procédé de production de rouleau de verre comprenant une étape d'alimentation en film de verre consistant à distribuer un premier film de verre 2A en forme de bande dans une direction prédéterminée, une étape de formation de film consistant à former à chaud un film 3 électroconducteur transparent sur une surface 2a du premier film de verre 2A pour former un deuxième film de verre 2B, une étape d'alimentation en film protecteur consistant à superposer, sur l'autre surface 2b du deuxième film de verre 2B, un film protecteur 4 en forme de bande présentant une surface adhésive, pour former un troisième film de verre 2C et une étape d'enroulement consistant à enrouler le troisième film de verre 2C en un rouleau.
(JA)
ガラスロールの製造方法は、帯状の第一ガラスフィルム2Aを所定の方向に送り出すガラスフィルム供給工程と、第一ガラスフィルム2Aの一方の面2aに透明導電膜3を加熱成膜して第二ガラスフィルム2Bを形成する成膜工程と、粘着面を有する帯状の保護フィルム4を第二ガラスフィルム2Bの他方の面2bに重ねて第三ガラスフィルム2Cを形成する保護フィルム供給工程と、第三ガラスフィルム2Cをロール状に巻き取る巻取工程を備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報