処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018198657 - はす歯ベルト伝動装置

公開番号 WO/2018/198657
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2018/013062
国際出願日 28.03.2018
IPC
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
7
無端可撓部材による回転運動伝達用伝動装置
02
ベルトをもつもの;Vベルトをもつもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
T
車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
13
補助動力または駆動動力を用いて初動装置から最終制動作動器への制動動作の伝達;そのような伝達装置が組み込まれた制動方式,例.空気圧制動方式
74
電気的補助力または駆動力をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
G
主として伝動用に使用されるベルト,ケーブルまたはロープ;チェーン;主としてそのために使用される付属品
1
伝動用ベルト
28
特殊の形状,例.歯形の接触面のもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
55
運動伝達用の歯または摩擦面をもつ要素;伝動機構用のウォーム、プーリまたは綱車
32
摩擦部材
36
プーリ
38
粘着性を増す手段または方法
F16H 7/02 (2006.01)
B60T 13/74 (2006.01)
F16G 1/28 (2006.01)
F16H 55/38 (2006.01)
CPC
B60T 13/74
F16G 1/28
F16H 55/38
F16H 7/02
出願人
  • 三ツ星ベルト株式会社 MITSUBOSHI BELTING LTD. [JP/JP]; 兵庫県神戸市長田区浜添通4丁目1番21号 1-21, Hamazoe-dori 4-chome, Nagata-ku, Kobe-shi, Hyogo 6530024, JP
発明者
  • 鈴木 紀仁 SUZUKI Norihito; JP
  • 吉田 正邦 YOSHIDA Masakuni; JP
  • 出口 勲 IDEGUCHI Isao; JP
代理人
  • 特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報
2017-08856627.04.2017JP
2018-03719702.03.2018JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) HELICALLY TOOTHED BELT POWER TRANSMITTING DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE TRANSMISSION DE PUISSANCE À COURROIE À DENTURE HÉLICOÏDALE
(JA) はす歯ベルト伝動装置
要約
(EN)
This helically toothed belt power transmitting device (1) has: a toothed belt (10) having a plurality of teeth (12) tilted relative to the width direction of the belt; a drive pulley; and a driven pulley. The width of the helically toothed belt (10) is 1 mm to 20 mm, inclusive. The core (13) of the toothed belt (10) is a twisted cord containing high-strength glass fibers or carbon fibers and has a diameter of 0.2 mm to 0.9 mm, inclusive. The compressibility of the teeth (12) of the toothed belt (10) compressed by the grooves of the drive pulley and the driven pulley is 0% to 5%, inclusive.
(FR)
L'invention concerne un dispositif de transmission de puissance à courroie à denture hélicoïdale (1) comprenant: une courroie à denture (10) ayant une pluralité de dents (12) inclinées par rapport à la direction de la largeur de la courroie; une poulie d'entraînement; et une poulie entraînée. La largeur de la courroie à denture (10) hélicoïdale est de 1 mm à 20 mm inclus. Le noyau (13) de la courroie à denture (10) est un câble torsadé contenant des fibres de verre à haute résistance ou des fibres de carbone et a un diamètre de 0,2 mm à 0,9 mm inclus. La compressibilité des dents (12) de la courroie à denture (10) comprimée par les rainures de la poulie d'entraînement et de la poulie entraînée est de 0 % à 5 % inclus.
(JA)
はす歯ベルト伝動装置(1)は、ベルト幅方向に対して傾斜する複数の歯部(12)を有するはす歯ベルト(10)と、駆動プーリと、従動プーリとを有する。はす歯ベルト(10)のベルト幅は、1mm以上20mm以下である。はす歯ベルト(10)の心線(13)は、高強度ガラス繊維または炭素繊維を含み、径が0.2mm以上0.9mm以下の撚りコードである。駆動プーリおよび従動プーリのプーリ溝によるはす歯ベルト(10)の歯部(12)の圧縮率は、0%以上5%以下である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報