このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018198493) 合金化溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法及び連続溶融亜鉛めっき装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/198493 国際出願番号: PCT/JP2018/005809
国際公開日: 01.11.2018 国際出願日: 19.02.2018
IPC:
C23C 2/02 (2006.01) ,C21D 9/56 (2006.01) ,C23C 2/06 (2006.01) ,C23C 2/28 (2006.01) ,C23C 2/40 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
02
被覆される材料の前処理,例.選択された表面部分を被覆するためのもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
52
線材用;ストリップ用
54
ストリップまたは線材の熱処理用炉
56
ストリップまたは線材の熱処理用連続炉
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
06
亜鉛もしくはカドミウムまたはそれらを基とする合金
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26
後処理
28
熱による後処理,例.油浴処理
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
34
処理される材料の形状に特徴があるもの
36
長尺材料
40
板;ストリップ
出願人:
JFEスチール株式会社 JFE STEEL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区内幸町二丁目2番3号 2-3, Uchisaiwai-cho 2-chome, Chiyoda-ku Tokyo 1000011, JP
発明者:
武田 玄太郎 TAKEDA Gentaro; JP
牧水 洋一 MAKIMIZU Yoichi; JP
鈴木 克一 SUZUKI Yoshikazu; JP
姫井 善正 HIMEI Yoshimasa; JP
高橋 秀行 TAKAHASHI Hideyuki; JP
代理人:
杉村 憲司 SUGIMURA Kenji; JP
優先権情報:
2017-08883727.04.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING GALVANNEALED STEEL SHEET, AND CONTINUOUS HOT DIP GALVANIZING APPARATUS
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE TÔLE D'ACIER RECUITE APRÈS GALVANISATION ET APPAREIL DE GALVANISATION EN CONTINU PAR IMMERSION À CHAUD
(JA) 合金化溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法及び連続溶融亜鉛めっき装置
要約:
(EN) The present invention provides a method for producing a galvannealed steel sheet, by which high plating adhesion and a good plating appearance can be attained in a case where a steel sheet having a Si content of 0.2 mass% or more is hot dip galvanized, and which can suppress the occurrence of pick-up defects by rapidly switching the dew point in a soaking zone atmosphere, even in cases where a steel sheet having a Si content of less than 0.2 mass% is subsequently continuously hot dip galvanized. In the present invention, in cases where a steel sheet that passes through a soaking zone is a type of steel containing 0.2 mass% or more of Si, both a dry gas and a moist gas are supplied to the soaking zone, the latter part of the soaking zone is determined on the basis of the sheet passing speed V and the target temperature T on the outlet side of the soaking zone, and the moist gas is supplied only from a moist gas supply port, from among a plurality of moist gas supply ports, that is positioned in the latter part of the soaking zone.
(FR) La présente invention concerne un procédé de production d'une tôle d'acier recuite après galvanisation, qui permet d'obtenir une adhérence de placage élevée et un aspect de placage satisfaisant lorsqu'une tôle d'acier ayant une teneur en Si de 0,2 % en masse ou plus est galvanisée par immersion à chaud, et qui permet d'éviter l'apparition de défauts de reprise par modification rapide du point de rosée dans une atmosphère de zone de réchauffage à cœur, même dans les cas où une tôle d'acier ayant une teneur en Si inférieure à 0,2 % en masse est ensuite galvanisée par immersion à chaud en continu. Dans la présente invention, lorsqu'une tôle d'acier qui passe à travers une zone de réchauffage à cœur est constituée d'un type d'acier contenant 0,2 % en masse ou plus de Si, la zone de réchauffage à cœur est alimentée à la fois en gaz sec et en gaz humide, la dernière partie de la zone de réchauffage à cœur étant déterminée sur la base de la vitesse de passage de tôle V et de la température cible T en sortie de la zone de réchauffage à cœur, le gaz humide étant fourni par un seul orifice d'alimentation en gaz humide, parmi une pluralité d'orifices d'alimentation en gaz humide, qui est positionné dans la dernière partie de la zone de réchauffage à cœur.
(JA) 本発明は、Si含有量が0.2質量%以上の鋼板に溶融亜鉛めっきを施した場合にめっき密着性が高く良好なめっき外観が得られるとともに、その後連続してSi含有量が0.2質量%未満の鋼板に溶融亜鉛めっきを施す場合でも、迅速に均熱帯内雰囲気の露点を切り替えることでピックアップ欠陥の発生を抑制できる合金化溶融亜鉛めっき鋼板の製造方法を提供する。本発明において、均熱帯を通過する鋼板がSiを0.2質量%以上含む鋼種の場合には、乾燥ガス及び加湿ガスの両方を均熱帯に供給し、その際、均熱帯のうち、通板速度V及び均熱帯出側の目標温度Tを考慮して均熱帯後段を決定し、前記加湿ガスは、複数の加湿ガス供給口のうち前記均熱帯後段に位置する加湿ガス供給口のみから供給する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)