処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2018198421 - 切削工具およびその製造方法

公開番号 WO/2018/198421
公開日 01.11.2018
国際出願番号 PCT/JP2017/044829
国際出願日 14.12.2017
IPC
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
20
ダイヤモンドビットをもつもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
51
ボール盤用工具
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
C
フライス削り
5
フライス
16
形状よりも物理的性質に特徴のあるもの
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
515
非酸化物を基とするもの
58
ほう化物,窒化物またはけい化物を基とするもの
583
窒化ほう素を基とするもの
5831
立方晶窒化ほう素を基とするもの
B23B 27/14 (2006.01)
B23B 27/20 (2006.01)
B23B 51/00 (2006.01)
B23C 5/16 (2006.01)
C04B 35/5831 (2006.01)
CPC
B22F 2005/001
B23B 2224/08
B23B 2224/32
B23B 2224/36
B23B 2226/125
B23B 2228/08
出願人
  • 住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
  • 住友電工ハードメタル株式会社 SUMITOMO ELECTRIC HARDMETAL CORP. [JP/JP]; 兵庫県伊丹市昆陽北一丁目1番1号 1-1, Koyakita 1-chome, Itami-shi, Hyogo 6640016, JP
発明者
  • 岡村 克己 OKAMURA, Katsumi; JP
  • 久木野 暁 KUKINO, Satoru; JP
  • 瀬戸山 誠 SETOYAMA, Makoto; JP
代理人
  • 特許業務法人深見特許事務所 FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.; 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 中之島フェスティバルタワー・ウエスト Nakanoshima Festival Tower West, 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300005, JP
優先権情報
2017-08589725.04.2017JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CUTTING TOOL AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) OUTIL DE COUPE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) 切削工具およびその製造方法
要約
(EN)
This cutting tool is provided with a base material, and a coating film covering the base material by being in contact with the base material. The base material is a cubic boron nitride sintered compact. The coating film is formed of a ceramic material. The amount of oxygen in the coating film is 0.040 mass% or less.
(FR)
La présente invention concerne un outil de coupe comprenant un matériau de base et un film de revêtement qui recouvre le matériau de base en étant en contact avec le matériau de base. Le matériau de base est un corps compact fritté en nitrure de bore cubique. Le film de revêtement est formé d'un matériau en céramique. La quantité d'oxygène dans le film de revêtement est de 0,040 % en masse ou moins.
(JA)
切削工具は、基材と、基材に接して基材を被覆する被膜とを備える。基材は立方晶窒化硼素焼結体である。被膜はセラミックスである。被膜中の酸素量は、0.040質量%以下である。
他の公開
EP2017890834
JP2018540090
国際事務局に記録されている最新の書誌情報