このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018194151) 多相ポリマー微粒子を用いた検体物質の検出方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/194151 国際出願番号: PCT/JP2018/016261
国際公開日: 25.10.2018 国際出願日: 20.04.2018
IPC:
G01N 33/543 (2006.01) ,C08K 3/08 (2006.01) ,C08K 3/22 (2006.01) ,C08K 3/30 (2006.01) ,C08L 9/00 (2006.01) ,C08L 25/06 (2006.01) ,C12Q 1/68 (2018.01) ,G01N 33/532 (2006.01) ,G01N 33/533 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
543
免疫化学物質を固定化するための不溶性担体によるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
02
元素
08
金属
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
18
酸素含有化合物,例.金属カルボニル
20
酸化物;水酸化物
22
金属の
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
30
いおう,セレンまたはテルル含有化合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
9
共役ジエン炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
25
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少くとも1つが芳香族炭素環によって停止されている化合物の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
炭化水素の単独重合体または共重合体
04
スチレンの単独重合体または共重合体
06
ポリスチレン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68
核酸を含むもの
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
531
免疫化学的試験物質の製造
532
標識免疫化学物質の製造
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
531
免疫化学的試験物質の製造
532
標識免疫化学物質の製造
533
蛍光標識を有するもの
出願人:
株式会社ハプロファーマ HAPLOPHARMA INC. [JP/JP]; 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 468-1, Aza Aoba, Aramaki, Aoba-ku, Sendai-shi, Miyagi 9800845, JP
国立大学法人東北大学 TOHOKU UNIVERSITY [JP/JP]; 宮城県仙台市青葉区片平二丁目1番1号 2-1-1 Katahira, Aoba-ku, Sendai-shi, Miyagi 9808577, JP
発明者:
佐藤 文俊 SATO Fumitoshi; JP
藪 浩 YABU Hiroshi; JP
井上 久美 INOUE Kumi; JP
佐藤 さつき SATO Satsuki; JP
珠玖 仁 SHIKU Hitoshi; JP
根本 靖久 NEMOTO Yasuhisa; JP
前田 郁麻 MAEDA Ikuma; JP
代理人:
特許業務法人平木国際特許事務所 HIRAKI & ASSOCIATES; 東京都港区愛宕二丁目5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー32階 Atago Green Hills MORI Tower 32F, 5-1, Atago 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1056232, JP
優先権情報:
2017-08481221.04.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR DETECTING SPECIMEN SUBSTANCE USING MULTIPHASE POLYMER FINE PARTICLES
(FR) PROCÉDÉ POUR LA DÉTECTION D'UNE SUBSTANCE SPÉCIMEN À L'AIDE DE FINES PARTICULES DE POLYMÈRE À PLUSIEURS PHASES
(JA) 多相ポリマー微粒子を用いた検体物質の検出方法
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing an improved method for detecting a specimen substance in a sample. The present invention provides a multiphase polymer fine particle having, at least on a surface thereof, two or more types of polymer phases formed by accumulating each of two or more types of polymer, wherein a first polymer phase is capable of binding to the specimen substance or to a substance capable of binding specifically to the specimen substance, and a second polymer phase includes a labeling substance. Using this fine particle, it is possible for a specimen substance in a biologically derived sample or the like to be detected rapidly with high sensitivity.
(FR) La présente invention a pour objet un procédé perfectionné pour la détection d'une substance spécimen dans un échantillon. À cet effet, la présente invention porte sur une fine particule de polymère à plusieurs phases sur au moins une surface de laquelle sont formées au moins deux types de phases de polymère par accumulation de chacun d'au moins deux types de polymère, une première phase de polymère pouvant se lier à la substance spécimen ou à une substance pouvant se lier spécifiquement à la substance spécimen et une seconde phase de polymère comprenant une substance de marquage. À l'aide de cette fine particule, il est possible de détecter rapidement une substance spécimen dans un échantillon d'origine biologique ou similaire avec une sensibilité élevée.
(JA) 本発明は、サンプル中の検体物質の検出方法の改良方法の提供を課題とする。本発明は、2種以上のポリマーがそれぞれ集合して形成される2種以上のポリマー相を少なくとも表面上に有する多相ポリマー微粒子であって、第1のポリマー相が検体物質又は検体物質と特異的に結合し得る物質に結合可能であり、第2のポリマー相が標識物質を有する、上記微粒子を提供する。本微粒子を利用して、生体由来等のサンプル中の検体物質を高感度で迅速に検出することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)