このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018194132) 被膜の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/194132 国際出願番号: PCT/JP2018/016186
国際公開日: 25.10.2018 国際出願日: 19.04.2018
IPC:
A61K 8/02 (2006.01) ,A45D 40/00 (2006.01) ,A61K 8/34 (2006.01) ,A61K 8/35 (2006.01) ,A61K 8/81 (2006.01) ,A61K 8/84 (2006.01) ,A61L 26/00 (2006.01) ,A61Q 3/00 (2006.01) ,A61Q 19/00 (2006.01) ,B05B 5/025 (2006.01) ,B05B 11/00 (2006.01) ,B05D 1/04 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
02
特別な物理的形態に特徴があるもの
A 生活必需品
45
手持品または旅行用品
D
理美容またはひげそり器具;マニキュアまたは他の化粧
40
固体状または練り状の化粧料,例.ひげそり石けん,棒口紅,メーキャップ,の収容または扱いに特に適合したケースまたは付属品
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
33
酸素を含むもの
34
アルコール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
33
酸素を含むもの
35
ケトン,例.キノン,ベンゾフェノン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
72
有機高分子化合物を含むもの
81
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られるもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
72
有機高分子化合物を含むもの
84
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られるもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
26
液体包帯の化学的事項または材料の使用
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
3
マニキュアまたはペディキュア剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
19
スキンケア剤
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
B
霧化装置;噴霧装置;ノズル
5
静電噴霧装置;電気的に噴霧を荷電させる手段を有する噴霧装置;他の電気的手段により液体または他の流動性材料を噴霧する装置
025
放出装置,例.静電噴霧ガン
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
B
霧化装置;噴霧装置;ノズル
11
1個の構成単位から成る,すなわち単一の,手持ち装置であって液体または他の流動性材料の流れが操作する者によって使用時に作られるもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
1
液体または他の流動性材料を適用する方法
02
噴霧によって行なわれるもの
04
静電界の使用を含むもの
出願人:
花王株式会社 KAO CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区日本橋茅場町一丁目14番10号 14-10, Nihonbashi Kayabacho 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038210, JP
発明者:
向井 健太 MUKAI, Kenta; JP
東城 武彦 TOHJO, Takehiko; JP
福田 郁夫 FUKUDA, Ikuo; JP
代理人:
特許業務法人アルガ特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY ARUGA PATENT OFFICE; 東京都中央区日本橋人形町1丁目3番8号 沢の鶴人形町ビル Sawanotsuru Ningyocho Bldg., 1-3-8, Nihonbashi Ningyocho, Chuo-ku, Tokyo 1030013, JP
優先権情報:
2017-08284119.04.2017JP
2017-08324819.04.2017JP
2017-08324919.04.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR FORMING COATING FILM
(FR) PROCÉDÉ DE FORMATION D’UN FILM DE REVÊTEMENT
(JA) 被膜の製造方法
要約:
(EN) The present invention pertains to a method for forming a coating film, said coating film containing fibers and having excellent adhesiveness to the skin, through electrostatic spray directly to the skin. A method for forming a fiber-containing coating film on the surface of human skin or nails, said method being characterized by comprising electrostatically spraying composition A directly to the human skin or nails, wherein: composition A comprises components (a) to (c), i.e., (a) one or more volatile substances selected from alcohols and ketones, (b) a water-insoluble polymer for forming fibers, and (c) 0.2-25 mass% inclusive of water; and the ratio by mass (b/c) of component (b) to component (c) is 0.4-50 inclusive.
(FR) La présente invention concerne un procédé de formation d’un film de revêtement, ledit film de revêtement contenant des fibres et ayant une excellente adhésivité à la peau, par pulvérisation électrostatique directement sur la peau. L’invention concerne un procédé de formation d’un film de revêtement contenant des fibres sur la surface de la peau ou des ongles humains, ledit procédé étant caractérisé en ce qu’il comprend la pulvérisation électrostatique de la composition A directement sur la peau ou les ongles humains, la composition A comprenant des composants (a) à (c), à savoir, (a) une ou plusieurs substances volatiles choisies parmi les alcools et les cétones, (b) un polymère insoluble dans l’eau pour former des fibres, et (c) 0,2 à 25 % en masse inclus d’eau ; et le rapport en masse (b/c) du composant (b) au composant (c) est de 0,4 à 50 inclus.
(JA) 皮膚に直接静電スプレーすることにより、繊維を含む被膜であって、皮膚に対する密着性の良好な被膜を形成する方法に関する。 人の皮膚又は爪に組成物Aを直接静電スプレーすることを特徴とする皮膚又は爪の表面に繊維を含む被膜を製造する方法であって、組成物Aが、以下の成分(a)、(b)及び(c): (a)アルコール及びケトンから選ばれる1種又は2種以上の揮発性物質、 (b)繊維形成用水不溶性ポリマー、 (c)水 0.2質量%以上25質量%以下 を含有し、成分(b)と成分(c)の質量比(b/c)が0.4以上50以下である、被膜の製造方法。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)