このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018194077) ピリジン化合物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/194077 国際出願番号: PCT/JP2018/015929
国際公開日: 25.10.2018 国際出願日: 18.04.2018
IPC:
C07D 213/71 (2006.01) ,C07D 401/04 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
213
異項原子として1個の窒素原子のみをもち,環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有し,他の環と縮合していない6員環からなる複素環式化合物
02
環原子相互間または環原子と非環原子間に3個の二重結合を有するもの
04
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
60
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
62
酸素原子または硫黄原子
70
硫黄原子
71
第2番目の異種原子が結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
04
環原子―環原子結合により直接結合しているもの
出願人:
住友化学株式会社 SUMITOMO CHEMICAL COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都中央区新川二丁目27番1号 27-1, Shinkawa 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048260, JP
発明者:
木村 隆浩 KIMURA, Takahiro; JP
小嶋 康裕 KOJIMA, Yasuhiro; JP
林 裕美 HAYASHI, Yumi; JP
前畑 亮太 MAEHATA, Ryota; JP
代理人:
鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi; JP
森本 靖 MORIMOTO, Yasushi; JP
優先権情報:
2017-08267819.04.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING PYRIDINE COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN COMPOSÉ PYRIDINIQUE
(JA) ピリジン化合物の製造方法
要約:
(EN) The present invention provides a method for producing a compound represented by formula (4), which is useful as, for example, an agrochemical or an intermediate for agrochemical production, the method including the step of reacting a compound represented by formula (2) with an organic oxidant. [In the formulae, Q represents a pyridyl group, etc.; R1 represents a C1-6 alkyl group optionally having one or more halogen atoms; R2 represents, for example, a C1-6 alkyl group optionally having one or more halogen atoms; R3, R4, and R5 each represent a hydrogen atom, etc.; and n is 0, etc.]
(FR) La présente invention concerne un procédé de production d'un composé représenté par la formule (4), qui est utile en tant que, par exemple, produit agrochimique ou intermédiaire pour la production agrochimique. Le procédé comprenant l'étape consistant à faire réagir un composé représenté par la formule (2) avec un oxydant organique. [Dans les formules, Q représente un groupe pyridyle, etc. ; R1 représente un groupe alkyle en C1-6 ayant éventuellement un ou plusieurs atomes d'halogène ; R2 représente, par exemple, un groupe alkyle en C1-6 ayant éventuellement un ou plusieurs atomes d'halogène ; R3, R4 et R5 représentent chacun un atome d'hydrogène, etc. ; et n vaut 0, etc.]
(JA) 本発明は、式(2)[式中、Qはピリジル基等を表し、R1は、1以上のハロゲン原子を有していてもよいC1-C6アルキル基を表し、R2は1以上のハロゲン原子を有していてもよいC1-C6アルキル基等を表し、R3、R4及びR5は水素原子等を表し、nは0等を表す。]で表される化合物と、有機系酸化剤とを反応させる工程を含む、農薬又はその製造中間体等に有用な式(4)で表される化合物の製造方法を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)