このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018193982) 溶射皮膜、積層管および溶射皮膜の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/193982 国際出願番号: PCT/JP2018/015514
国際公開日: 25.10.2018 国際出願日: 13.04.2018
IPC:
C23C 4/10 (2016.01) ,B32B 1/08 (2006.01) ,B32B 15/01 (2006.01) ,C23C 4/129 (2016.01) ,C23C 4/16 (2016.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
4
溶解被覆材料のスプレーによる被覆,例.火炎,プラズマまたは放電によるもの
04
被覆材料に特徴のあるもの
10
酸化物,ほう化物,炭化物,窒化物,けい化物またはそれらの混合物
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
1
平面以外の一般的形状を本質的に有する積層体
08
管状の製品
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
01
すべての層がもっぱら金属質であるもの
[IPC code unknown for C23C 4/129]
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
4
溶解被覆材料のスプレーによる被覆,例.火炎,プラズマまたは放電によるもの
12
スプレー方法に特徴のあるもの
14
長尺材料を被覆するためのもの
16
線材;管
出願人:
東洋鋼鈑株式会社 TOYO KOHAN CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区四番町2番地12 2-12, Yonban-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 1028447, JP
発明者:
田代 博文 TASHIRO, Hirofumi; JP
稲沢 弘志 INAZAWA, Hiroshi; JP
平田 浩郎 HIRATA, Kourou; JP
代理人:
とこしえ特許業務法人 TOKOSHIE PATENT FIRM; 東京都新宿区西新宿7丁目22番27号 西新宿KNビル Nishishinjuku KN Bldg., 22-27, Nishishinjuku 7-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600023, JP
優先権情報:
2017-08458221.04.2017JP
発明の名称: (EN) SPRAY COATING, LAMINATED PIPE, AND METHOD FOR MANUFACTURING SPRAY COATING
(FR) REVÊTEMENT PAR PULVÉRISATION, TUYAU STRATIFIÉ ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN REVÊTEMENT PAR PULVÉRISATION
(JA) 溶射皮膜、積層管および溶射皮膜の製造方法
要約:
(EN) Provided is a spray coating containing a tungsten phase and a three-element boride phase, wherein when the surface of the spray coating is measured by x-ray diffraction, the ratio (Imax/Iw) of the peak intensity Imax for the peak with the greatest intensity among peaks originating from the three-element boride phase to the peak intensity Iw on the (110) surface originating from the tungsten phase is 1/100 or greater.
(FR) L'invention concerne un revêtement par pulvérisation contenant une phase tungstène et une phase borure tri-élémentaire. Lorsqu'elle est soumise à un essai de diffraction des rayons X, la surface du revêtement par pulvérisation présente un rapport (Imax/Iw), qui représente l'intensité de crête Imax pour le pic ayant la plus grande intensité parmi des pics provenant de la phase borure tri-élémentaire rapportée à l'intensité de pic Iw sur la surface (110) provenant de la phase tungstène, de 1/100 ou plus.
(JA) タングステン相と、3元系硼化物相とを含有する溶射皮膜であって、X線回折法により前記溶射皮膜の表面を測定した場合における、前記タングステン相に由来する(110)面のピーク強度Iに対する、前記3元系硼化物相に由来するピークの中で最も強度が大きいピークのピーク強度Imaxの比(Imax/I)が、1/100以上である溶射皮膜を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)