このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018193926) 含フッ素共重合体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/193926 国際出願番号: PCT/JP2018/015167
国際公開日: 25.10.2018 国際出願日: 11.04.2018
IPC:
C08F 214/18 (2006.01) ,C08F 216/12 (2006.01) ,C08F 218/04 (2006.01) ,C08F 220/18 (2006.01) ,C08F 230/08 (2006.01) ,C08F 290/06 (2006.01) ,C09D 127/12 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
214
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少なくとも1つがハロゲンによって停止されている化合物の共重合体
18
ふっ素を含有する単量体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
216
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少なくとも1つがアルコール,エーテル,アルデヒド,ケトン,アセタールまたはケタール基によって停止されている化合物の共重合体
12
エーテル基によるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
218
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少なくとも1つが飽和カルボン酸,炭酸またはハロぎ酸のアシロキシ基によって停止されている化合物の共重合体
02
モノカルボン酸のエステル
04
ビニルエステル
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
220
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物.その塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの共重合体
02
9個以下の炭素原子をもつモノカルボン酸;その誘導体
10
エステル
12
一価のアルコールまたはフェノールのエステル
16
フェノールまたは2個以上の炭素原子をもつアルコールのエステル
18
アクリル酸またはメタクリル酸との
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
230
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,りん,セレン,テルルまたは金属を含有する化合物の共重合体(金属塩,例.フェノレートまたはアルコラート,は母体化合物を参照)
04
金属を含有する単量体
08
けい素
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
290
脂肪族不飽和の末端基または側基の導入により変性された重合体に,単量体を重合させて得られる高分子化合物
02
不飽和末端基の導入により変性された重合体への
06
サブクラスC08Gに分類される重合体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
127
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する,1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少なくとも1つがハロゲンによって停止されている化合物の化合物の単独重合体または共重合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
02
化学的後処理によって変性されていないもの
12
ふっ素を含有するもの
出願人:
関東電化工業株式会社 KANTO DENKA KOGYO CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区神田淡路町2-105 2-105, Kanda-Awajicho, Chiyoda-ku, Tokyo 1010063, JP
発明者:
深田匠 FUKADA Takumi; JP
松田慶貴 MATSUDA Yoshitaka; JP
彦部圭政 HIKOBE Yoshimasa; JP
代理人:
古谷聡 FURUYA Satoshi; JP
優先権情報:
2017-08120217.04.2017JP
発明の名称: (EN) FLUORINE-CONTAINING COPOLYMER
(FR) COPOLYMÈRE CONTENANT DU FLUOR
(JA) 含フッ素共重合体
要約:
(EN) The present invention is a fluorine-containing copolymer containing:(A) 15-85 mol% of a fluoroolefin in the constituent monomers; (B) 0.001-10 mol% of a specific organosilicon compound in the constituent monomers; (C) of the constituent monomers, 5-40 mol% of one or more monomers selected from monomers that do not have a curing reactive group, have a C1-20 aliphatic saturated hydrocarbon group, and have a glass transition temperature of a homopolymer of the monomer of less than 0°C, the monomers being selected from vinyl ethers, vinyl esters, methacrylic acid esters, and acrylic acid esters; and (D) of the constituent monomers, 1-25 mol% of one or more monomers selected from monomers having a curing reactive group, the monomers being selected from vinyl ethers, vinyl esters, allyl ethers, methacrylic acid esters, and acrylic acid esters, wherein the fluorine-containing monomer has a glass transition temperature of -30°C to 20°C, a number average molecular weight of 2.0 x 104 to 7.0 x 104, and a weight average molecular weight of 1.0 x 105 to 3.0 x 105.
(FR) La présente invention concerne un copolymère contenant du fluor, qui contient : (A) 15 à 85 % en moles d'une fluorooléfine dans les monomères constitutifs; (B) 0,001 à 10 % en moles d'un composé d'organosilicium spécifique dans les monomères constitutifs ; (C) parmi les monomères constitutifs, 5 à 40 % en moles d'un ou de plusieurs monomères choisis parmi des monomères qui ne possèdent pas de groupe réactif de durcissement, possèdent un groupe hydrocarboné saturé aliphatique en C1-20, et possèdent une température de transition vitreuse d'un homopolymère du monomère, inférieure à 0 °C, ces monomères étant choisis parmi des éthers vinyliques, des esters vinyliques, des esters d'acide méthacrylique et des esters d'acide acrylique ; et (D) parmi les monomères constitutifs, 1-25 % en moles d'un ou de plusieurs monomères choisis parmi des monomères possédant un groupe réactif de durcissement, ces monomères étant choisis parmi des éthers vinyliques, des esters vinyliques, des éthers d'allyle, des esters d'acide méthacrylique et des esters d'acide acrylique, le monomère contenant du fluor possédant une température de transition vitreuse de -30 °C à 20 °C, un poids moléculaire moyen en nombre de 2,0 x 10 4 à 7,0 x 10 4 , et un poids moléculaire moyen en poids de 1,0 x 10 5 à 3,0 x 10 5.
(JA) 本発明は、(A)フルオロオレフィンを構成単量体中15~85モル%、(B)特定の有機ケイ素化合物を構成単量体中0.001~10モル%、(C)ビニルエーテル、ビニルエステル、メタクリル酸エステル及びアクリル酸エステルから選ばれる単量体であって、硬化反応性基を有さず、炭素数1~20の脂肪族飽和炭化水素基を有し、該単量体のホモポリマーのガラス転移温度が0℃未満である単量体から選ばれる1種以上の単量体を構成単量体中5~40モル%、並びに(D)ビニルエーテル、ビニルエステル、アリルエーテル、メタクリル酸エステル及びアクリル酸エステルから選ばれる単量体であって、硬化反応性基を有する単量体から選ばれる1種以上の単量体を構成単量体中1~25モル%含む含フッ素共重合体であって、ガラス転移温度が-30℃~20℃であり、数平均分子量が2.0×10~7.0×10であり、重量平均分子量が1.0×10~3.0×10である、含フッ素共重合体である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)