このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018193865) 空気入りタイヤおよびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/193865 国際出願番号: PCT/JP2018/014607
国際公開日: 25.10.2018 国際出願日: 05.04.2018
IPC:
B60C 5/14 (2006.01) ,B29D 30/30 (2006.01) ,B60C 9/08 (2006.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
5
膨張可能な空気入りタイヤまたは内部チューブ
12
別個の膨張できる内装物をもたないもの,例.リムに対して開口する横断面を有するチューブレスタイヤ
14
タイヤの内壁に不透過性ライナーまたはコーティングを有するもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
D
プラスチックまたは可塑状態の物質からの特定物品の製造
30
空気タイヤもしくは中実タイヤまたはその部品の製造
06
空気タイヤまたはその部品
08
タイヤの組立て
20
フラットタイヤ法によるもの,すなわち円筒状ドラム上での組立て
30
層の装着;装着時の層の案内または引張り
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9
空気タイヤの補強またはプライ配列
02
骨組みカーカス
04
実質的に平行に配列された各カーカスプライの補強コード
08
コードがビードからビードへの横断方向に延びるもの,すなわちラジアルプライ
出願人:
横浜ゴム株式会社 THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区新橋5丁目36番11号 36-11, Shimbashi 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1058685, JP
発明者:
三好 雅章 MIYOSHI Masaaki; JP
代理人:
清流国際特許業務法人 SEIRYU PATENT PROFESSIONAL CORPORATION; 東京都中央区築地1丁目4番5号 第37興和ビル 37 Kowa Building, 4-5, Tsukiji 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1040045, JP
昼間 孝良 HIRUMA, Takayoshi; JP
境澤 正夫 SAKAIZAWA, Masao; JP
優先権情報:
2017-08274119.04.2017JP
発明の名称: (EN) PNEUMATIC TIRE AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) PNEU ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) 空気入りタイヤおよびその製造方法
要約:
(EN) Provided are a pneumatic tire and a method for manufacturing the same that enable the prevention of vulcanization failure, which is a cause for concern when adopting a partial tie rubber layer, and sufficient achievement of reduced tire weight and rolling resistance through the adoption of the partial tie rubber layer. A partial tie rubber layer 40 is exclusively disposed throughout the entire region between a carcass layer 4 and an inner liner layer 9 excepting each leading end part of one pair of bead sections 3, wherein both widthwise end faces of the partial tie rubber layer 40 individually constitute an inclined face at an acute angle with respect to the carcass layer 4 side face of the partial tie rubber layer 40, the slope θ formed by the inclined face with respect to the face toward the carcass layer 4 side face of the partial tie rubber layer 40 being 20-60°.
(FR) L'invention concerne un pneu et un procédé de fabrication de celui-ci qui permettent la prévention d'une erreur de vulcanisation, ce qui est un sujet de préoccupation lors de l'adoption d'une couche de caoutchouc de liaison partielle, et une réduction suffisante du poids de pneu et de la résistance au roulement du pneu grâce à l'adoption de la couche de caoutchouc de liaison partielle. Une couche de caoutchouc de liaison partielle 40 est disposée exclusivement dans toute la région entre une couche de carcasse 4 et une couche de doublure interne 9, à l'exception de chaque partie d'extrémité avant d'une paire de sections de talon 3, les deux faces d'extrémité dans le sens de la largeur de la couche de caoutchouc de liaison partielle 40 constituant individuellement une face inclinée à un angle aigu par rapport à la face latérale de la couche de carcasse 4 de la couche de caoutchouc de liaison partielle 40, la pente θ formée par la face inclinée par rapport à la face vers la face latérale de la couche de carcasse 4 de la couche de caoutchouc de liaison partielle 40 étant de 20 à 60°.
(JA) 部分タイゴム層を採用した場合に懸念される加硫故障を防止し、且つ、部分タイゴム層を採用することによるタイヤ重量や転がり抵抗の低減を充分に発揮することを可能にした空気入りタイヤおよびその製造方法を提供する。カーカス層4とインナーライナー層9との層間であって、一対のビード部3の各先端部分を除く領域の全域に亘って部分タイゴム層40を限定的に配置し、この部分タイゴム層40のタイヤ幅方向両側の端面をそれぞれ部分タイゴム層40のカーカス層4側の面に対して鋭角をなす傾斜面とし、この傾斜面の部分タイゴム層40のカーカス層4側の面に対する傾斜角度θを20°~60°にする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)