このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018193826) 情報処理装置、情報処理方法、音声出力装置、および音声出力方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/193826 国際出願番号: PCT/JP2018/014200
国際公開日: 25.10.2018 国際出願日: 03.04.2018
IPC:
H04R 3/00 (2006.01) ,G06F 13/00 (2006.01) ,G10L 13/047 (2013.01) ,H04Q 9/00 (2006.01)
H 電気
04
電気通信技術
R
スピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
3
変換器のための回路
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
13
メモリ,入力/出力装置または中央処理ユニットの間の情報または他の信号の相互接続または転送
G 物理学
10
楽器;音響
L
音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
13
音声の合成;テキストを音声に変換するシステム
02
合成音作成の方法;音声合成器
04
音声合成システムの細部,例.合成器の構造またはメモリ管理
047
音声合成器のアーキテクチャ
H 電気
04
電気通信技術
Q
選択
9
遠隔制御システムまたはテレメータシステムにおいて一つのメインステーションから一つのサブステーションを選択的に呼び出すための配置であって,そのサブステーションは対象となる装置を選択して,その装置に制御信号を印加し,またはその装置から測定値を得るもの
出願人:
ソニー株式会社 SONY CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区港南1丁目7番1号 1-7-1, Konan, Minato-ku, Tokyo 1080075, JP
発明者:
岩瀬 広 IWASE Hiro; JP
斎藤 真里 SAITO Mari; JP
河野 真一 KAWANO Shinichi; JP
代理人:
西川 孝 NISHIKAWA Takashi; JP
稲本 義雄 INAMOTO Yoshio; JP
優先権情報:
2017-08103517.04.2017JP
発明の名称: (EN) INFORMATION PROCESSING DEVICE, INFORMATION PROCESSING METHOD, SPEECH OUTPUT DEVICE, AND SPEECH OUTPUT METHOD
(FR) DISPOSITIF ET PROCÉDÉ DE TRAITEMENT D'INFORMATIONS, DISPOSITIF ET PROCÉDÉ DE SORTIE DE PAROLE
(JA) 情報処理装置、情報処理方法、音声出力装置、および音声出力方法
要約:
(EN) The present feature relates to an information processing device, an information output method, a speech output device and a speech output method with which it is possible for a user to pick up utterances from a home agent device irrespective of where the user is. The speech output device outputs information on the basis of an image acquired by a device capable of outputting speech toward the user and noise from a prescribed noise source, the information indicating the difficulty in picking up the speech from the device at the user’s position. The present feature can be applied to a domestic-use speech assistant device that utters speech to a user.
(FR) La présente invention concerne un dispositif de traitement d'informations, un procédé de sortie d'informations, un dispositif et un procédé de sortie de parole à l'aide desquels un utilisateur peut capturer des énoncés à partir d'un dispositif agent domestique indépendamment de l'endroit où l'utilisateur se trouve. Le dispositif de sortie de parole délivre en sortie des informations sur la base d'une image acquise par un dispositif capable de délivrer en sortie une parole à l'utilisateur et un bruit à partir d'une source de bruit prescrite, les informations indiquant la difficulté de capture de la parole à partir du dispositif au niveau de la position de l'utilisateur. La présente invention peut être appliquée à un dispositif d'aide à la parole à usage domestique qui énonce une parole à l'intention d'un utilisateur.
(JA) 本技術は、ユーザがどこにいてもホームエージェント機器からの発話を聞き取れるようにする情報処理装置、情報処理方法、音声出力装置、および音声出力方法に関する。 音声出力装置は、ユーザに向けて音声出力可能な機器において取得された画像と所定の騒音源からの騒音とに基づいて、ユーザの位置での機器からの音声の聞き取り難さを示す情報を出力する。本技術は、ユーザに対して発話を行う家庭用の音声アシスタントデバイスに適用することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)