このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018193659) 超硬合金、それを含む切削工具および超硬合金の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/193659 国際出願番号: PCT/JP2017/042364
国際公開日: 25.10.2018 国際出願日: 27.11.2017
IPC:
C22C 1/05 (2006.01) ,B22F 1/02 (2006.01) ,B22F 7/00 (2006.01) ,B23B 27/14 (2006.01) ,C22C 29/00 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
1
非鉄合金の製造
04
粉末冶金によるもの
05
金属粉末と非金属粉末の混合物
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
02
粉末の被覆
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
7
成形を行いまたは行わないで粉末を焼結することによって,金属質粉から成る複合層,複合工作物または複合物品の製造
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
29
炭化物,酸化物,ほう化物,窒化物またはけい化物を基とする合金,例.サーメット,またはその他の金属化合物,例.酸窒化物,硫化物,を基とする合金
出願人:
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
発明者:
道内 真人 MICHIUCHI, Masato; JP
深江 恒佑 FUKAE, Kosuke; JP
代理人:
特許業務法人深見特許事務所 FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.; 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 中之島フェスティバルタワー・ウエスト Nakanoshima Festival Tower West, 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300005, JP
優先権情報:
2017-08262319.04.2017JP
発明の名称: (EN) CEMENTED CARBIDE, CUTTING TOOL INCLUDING CEMENTED CARBIDE, METHOD FOR PRODUCING CEMENTED CARBIDE
(FR) CARBURE CÉMENTÉ, OUTIL DE COUPE COMPRENANT DU CARBURE CÉMENTÉ, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE CARBURE CÉMENTÉ
(JA) 超硬合金、それを含む切削工具および超硬合金の製造方法
要約:
(EN) Provided is a cemented carbide comprising: a first hard phase particle containing WC; a second hard phase particle containing a carbonitride containing at least Ti and Nb; and a metal binding phase containing iron-group elements, wherein the second hard phase particle includes a granular core portion and a peripheral portion covering at least a part of the core portion, the core portion containing a composite carbonitride represented by Ti1-X-YNbXWYC1-ZNZ (X is 0.1-0.2, Y is 0-0.05, and Z is 0.3-0.6), and the peripheral portion having a composition different from that of the core portion.
(FR) La présente invention concerne un carbure cémenté comprenant : une première particule de phase dure contenant WC ; une deuxième particule de phase dure contenant un carbonitrure contenant au moins Ti et Nb ; et une phase de liaison métallique contenant des éléments du groupe du fer, la deuxième particule de phase dure comprenant une partie de noyau granulaire et une partie périphérique recouvrant au moins une partie de la partie de noyau, la partie de noyau contenant un carbonitrure composite représenté par Ti1-X-YNbXWYC1-ZNZ (X est de 0,1 à 0,2, Y est de 0 à 0,05, et Z est de 0,3 à 0,6), et la partie périphérique ayant une composition différente de celle de la partie de noyau.
(JA) 超硬合金は、WCを含む第1硬質相粒子と、少なくともTiおよびNbを含有する炭窒化物を含む第2硬質相粒子と、鉄族元素を含む金属結合相とを含む超硬合金であって、上記第2硬質相粒子は、粒状の芯部と、上記芯部の少なくとも一部を被覆する周辺部とを含み、上記芯部は、Ti1-X-YNbXY1-ZZで示される複合炭窒化物を含み、上記Xは、0.1以上0.2以下であり、上記Yは、0以上0.05以下であり、上記Zは、0.3以上0.6以下であり、上記周辺部は、上記芯部と組成が相違する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)