国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018193601) カテーテル

Pub. No.:    WO/2018/193601    International Application No.:    PCT/JP2017/015957
Publication Date: Fri Oct 26 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Apr 21 01:59:59 CEST 2017
IPC: A61M 25/09
A61B 17/22
A61M 25/00
Applicants: ASAHI INTECC CO., LTD.
朝日インテック株式会社
Inventors: NAKAGAWA, Yuta
中川 雄太
TSUKAMOTO, Toshihiko
塚本 俊彦
SAWATA, Tomoya
沢田 知也
Title: カテーテル
Abstract:
逆行性ガイドワイヤを目開きを介して確実に受け入れることができるカテーテルの提供を目的とする。 本発明のカテーテル2は、径方向に拡縮可能なチューブ状のメッシュ部材と、第1の中空シャフト120と、先端チップ130と、メッシュ部材110に配置され、先端が、先端チップ130の基端と第1の中空シャフト120の先端との間に位置する誘導膜160と、先端チップ130に接続され、メッシュ部材110の内側の空間にて基端側に突設し、基端が、第1の中空シャフト120の先端と先端チップ130の基端との間に位置する第2の中空シャフト240と、コアワイヤ250と、横断面視の形状が略環状または略C形状であり、コアワイヤ250に設けられ、第2中空シャフト240を覆う保持部材280とを備えている。