国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018193570) 車両空調設備

Pub. No.:    WO/2018/193570    International Application No.:    PCT/JP2017/015828
Publication Date: Fri Oct 26 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Apr 21 01:59:59 CEST 2017
IPC: B60H 1/00
B60H 3/00
Applicants: MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION
三菱電機株式会社
Inventors: TANI Masakazu
谷 昌和
Title: 車両空調設備
Abstract:
仕切り板2DB2の一方の側に設けられた第一の風路26、前記仕切り板2DB2の他方の側に設けられた第二の風路27、前記第一の風路26内に配設された第一のファン4、前記第二の風路27内に配設された第二のファン5、前記第一のファン4および前記第二のファン5を同じ方向に回転させる回転機6、車室外の空気の流入口である外気導入口と前記第一のファンとの間に位置し前記第一のファンの回転により前記外気導入口から流入した車室外の空気が流れる上流側熱交換部21と、前記第一のファンと車室内吹出口との間に位置し前記第一のファンから流れてきた前記車室外の空気が流れる下流側熱交換部22とで構成され、前記上流側熱交換部21を流れる前記車室外の空気の流れと前記下流側熱交換部22を流れる前記車室外の空気の流れとが対向流である第一の熱交換器1、および前記第一のファン4から前記下流側熱交換部22を通って流れてきた前記車室外の空気が流れる第二の熱交換器16を備え、第一の熱交換器1は直交型熱交換器であり、前記第二の熱交換器16は、冷凍サイクル実行システムの一構成要素である熱交換器であり、前記第二のファンの回転により内気導入口から流入し前記第一の熱交換器を通って車室外吹出口から排出される車室内の空気と、前記車室外の空気とが、前記第一の熱交換器1で熱交換する構成であるので、電費の改善と併せて小型化を図ることができる。