国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018190375) ヒートパイプ

Pub. No.:    WO/2018/190375    International Application No.:    PCT/JP2018/015246
Publication Date: Fri Oct 19 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Apr 12 01:59:59 CEST 2018
IPC: F28D 15/02
F28D 15/04
Applicants: FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD.
古河電気工業株式会社
Inventors: INAGAKI Yoshikatsu
稲垣 義勝
AOKI Hirofumi
青木 博史
TAKAHASHI Kazuya
高橋 和也
ITO Shinichi
伊藤 信一
HIKICHI Syuuta
引地 秀太
Title: ヒートパイプ
Abstract:
本発明は、寒冷地において、コンテナの長手方向が重力方向に対して略平行にボトムヒートの姿勢で設置され、作動流体が凍結しても、コンテナの変形を防止でき、また、優れた熱輸送特性を有するヒートパイプを提供することを目的とする。 一方の端部の端面と他方の端部の端面とが封止された管形状を有し、溝部が形成された内壁面を有するコンテナと、前記コンテナの一方の端部の内壁面に設けられた、粉体が焼結された焼結体層と、前記コンテナの空洞部に封入された作動流体と、を備えたヒートパイプであって、前記焼結体層が、前記一方の端部の端面側に位置する第1の焼結部と、該第1の焼結部と連続し、前記他方の端部側に位置する第2の焼結部と、を有し、前記第1の焼結部の原料となる第1の粉体の平均一次粒子径が、前記第2の焼結部の原料となる第2の粉体の平均一次粒子径よりも小さいヒートパイプ。