このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018190373) 車両足回り部品素材、車両足回り部品素材の製造方法及び車両足回り部品の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/190373 国際出願番号: PCT/JP2018/015240
国際公開日: 18.10.2018 国際出願日: 11.04.2018
IPC:
C21D 9/00 (2006.01) ,B21D 7/16 (2006.01) ,B21D 53/88 (2006.01) ,C21D 1/18 (2006.01) ,C22C 21/02 (2006.01) ,C22C 21/10 (2006.01) ,C23C 2/12 (2006.01) ,C23C 2/28 (2006.01) ,C23C 2/38 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/60 (2006.01)
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
7
棒,プロフィル,または管の曲げ
16
補助装置,例.曲げに際する加熱または冷却のためのもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
53
他の特定物品の製造
88
車輌用の他の部品,例.カウリング,泥よけ
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
18
硬化;その後の焼もどしを伴うあるいは伴わない焼入れ
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
02
次に多い成分としてけい素を含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
10
次に多い成分として亜鉛を含むもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
12
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26
後処理
28
熱による後処理,例.油浴処理
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
34
処理される材料の形状に特徴があるもの
36
長尺材料
38
線材;管
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
60
鉛,セレン,テルル,アンチモンまたは0.04重量%より多く硫黄を含有するもの
出願人:
日本製鉄株式会社 NIPPON STEEL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
中村 登代充 NAKAMURA, Toyomitsu; JP
代理人:
金本 哲男 KANEMOTO, Tetsuo; JP
萩原 康司 HAGIWARA, Yasushi; JP
優先権情報:
2017-07902212.04.2017JP
発明の名称: (EN) MATERIAL FOR UNDERBODY COMPONENTS OF VEHICLES, METHOD FOR PRODUCING MATERIAL FOR UNDERBODY COMPONENTS OF VEHICLES, AND METHOD FOR PRODUCING UNDERBODY COMPONENT OF VEHICLES
(FR) MATÉRIAU POUR COMPOSANTS DE DESSOUS DE CARROSSERIE DE VÉHICULES, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE MATÉRIAU POUR COMPOSANTS DE DESSOUS DE CARROSSERIE DE VÉHICULES, ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE COMPOSANT DE DESSOUS DE CARROSSERIE DE VÉHICULES
(JA) 車両足回り部品素材、車両足回り部品素材の製造方法及び車両足回り部品の製造方法
要約:
(EN) Provided is a technique for preventing or suppressing fatigue failure of a material for underbody components of vehicles due to 3DQ. A material for underbody components of vehicles according to the present disclosure comprises: a quenched and curved steel pipe; and a plating film layer which is provided on the surface of the steel pipe, and which contains 30% by mass or more of Al, while having an Al-Fe alloy in the surface.
(FR) La présente invention concerne une technique pour empêcher ou supprimer un défaut de fatigue d'un matériau pour des composants de dessous de carrosserie de véhicules dû à 3DQ. Un matériau pour des composants de dessous de carrosserie de véhicules selon la présente invention comprend : un tuyau en acier trempé et incurvé; et une couche de film de placage qui est disposée sur la surface du tuyau en acier, et qui contient 30 % en masse ou plus de Al, tout en ayant un alliage Al-Fe dans la surface.
(JA) 3DQによる車両足回り部品素材の疲労破壊を防止もしくは抑制できる技術を提供する。 本開示に係る車両足回り部品素材は、焼き入れされた曲がった鋼管と、前記鋼管の表面に設けられた、30質量%以上のAlを含有しており、かつ、表面にAl-Fe合金が存在するめっき皮膜層と、を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)