国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018190358) 目的物質検出チップ、目的物質検出装置及び目的物質検出方法

Pub. No.:    WO/2018/190358    International Application No.:    PCT/JP2018/015170
Publication Date: Fri Oct 19 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Apr 12 01:59:59 CEST 2018
IPC: G01N 21/552
G01N 21/03
G01N 21/64
G01N 33/543
Applicants: NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY
国立研究開発法人産業技術総合研究所
TOPPAN PRINTING CO., LTD.
凸版印刷株式会社
Inventors: FUJIMAKI Makoto
藤巻 真
ASHIBA Hiroki
芦葉 裕樹
YASUURA Masato
安浦 雅人
TANABE Shu
田邉 集
TAKAHASHI Susumu
高橋 進
Title: 目的物質検出チップ、目的物質検出装置及び目的物質検出方法
Abstract:
【課題】磁性粒子を用いた目的物質の検出に用いることができ、小型でかつ低コストに製造可能な目的物質検出装置等を提供すること。 【解決手段】本発明の目的物質検出装置は、底面に対して上面側の面に配される検出面2aと、厚み方向に対し上面から底面側に向かうにつれて検出面2aから離れる方向に傾斜する上向き傾斜面2bと、光を受光して内部に導光可能とされる本体部2cとを有する全体略板状の光透過性部材2を備え、光透過性部材2が前記上面側から照射され上向き傾斜面2bを通過させた前記光を本体部2cを介して検出面2aに対し全反射条件で入射させる光入射構造を有する検出チップ1と、光透過性部材2の前記上面側に配され、前記光入射構造を介して検出面2aに全反射条件で光を照射可能とされる光照射部Bと、光透過性部材2の底面側に配される磁場印加部Cと、を備えること等を特徴とする。