このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018190357) レクチンの固定化方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/190357 国際出願番号: PCT/JP2018/015163
国際公開日: 18.10.2018 国際出願日: 11.04.2018
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,C07K 7/06 (2006.01) ,C07K 14/00 (2006.01) ,C07K 17/00 (2006.01) ,C07K 19/00 (2006.01) ,G01N 33/53 (2006.01) ,G01N 33/543 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
7
確定された配列をもつ,5から20個のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有する鎖状ペプチド
06
アミノ酸を5から11個含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
17
担体結合または固定化されたペプチド;その調製
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
19
ハイブリッドペプチド
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
543
免疫化学物質を固定化するための不溶性担体によるもの
出願人:
国立研究開発法人産業技術総合研究所 NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY [JP/JP]; 東京都千代田区霞が関1丁目3番1号 3-1, Kasumigaseki 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008921, JP
日産化学工業株式会社 NISSAN CHEMICAL INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区神田錦町3丁目7番地1 7-1, Kanda-Nishikicho 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010054, JP
国立大学法人京都工芸繊維大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KYOTO INSTITUTE OF TECHNOLOGY [JP/JP]; 京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町1番地 1, Matsugasaki Hashikami-cho, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6068585, JP
発明者:
舘野 浩章 TATENO, Hiroaki; JP
片山 淳子 KATAYAMA, Junko; JP
的場 一隆 MATOBA, Kazutaka; JP
熊田 陽一 KUMADA, Yoichi; JP
代理人:
佐伯 拓郎 SAEKI, Takuro; JP
中村 正展 NAKAMURA, Masanobu; JP
佐伯 裕子 SAEKI, Hiroko; JP
牛山 直子 USHIYAMA, Naoko; JP
優先権情報:
2017-07841411.04.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR IMMOBILIZING LECTIN
(FR) PROCÉDÉ D’IMMOBILISATION DE LECTINE
(JA) レクチンの固定化方法
要約:
(EN) A purpose of the present invention is to provide a highly sensitive and less expensive lectin-immobilized base material (for example, a lectin plate), said lectin-immobilized base material having stable qualities and being able to be sufficiently washed after a target sugar chain-containing antigen binds thereto. Another purpose of the present invention is to provide a method for immobilizing lectin to a base material therefor. Provided are: a method whereby a lectin-peptide fusion, in which a peptide capable of adsorbing to a base material surface such as a PS tag is fused with the N-terminal side or C-terminal side of lectin capable of recognizing a target sugar chain, is immobilized on the peptide side to a base material; and a lectin-immobilized base material produced by this method. By using the lectin-immobilized base material, a target sugar chain-containing antigen can be highly sensitively and evenly measured and, moreover, target sugar chain-containing cells, etc. can be separated (concentrated and harvested).
(FR) La présente invention concerne la préparation d’un matériau de base hautement sensible et peu coûteux immobilisé sur de la lectine (par exemple, une plaque de lectine), ledit matériau de base immobilisé sur de la lectine ayant des qualités stables et étant capable d’être suffisamment lavé après qu’un antigène contenant une chaîne de sucre cible s'y lie. Un autre but de la présente invention consiste à fournir un procédé d’immobilisation de lectine à un matériau de base correspondant. La présente invention concerne un procédé moyennant quoi une fusion lectine-peptide, dans laquelle un peptide capable d’adsorption à une surface de matériau de base telle qu’une étiquette PS est fusionné avec le côté de terminaison N ou le côté de terminaison C de la lectine capable de reconnaître une chaîne de sucre cible, est immobilisée sur le côté peptide à un matériau de base ; et un matériau de base immobilisé sur de la lectine produit selon ce procédé. En utilisant le matériau de base immobilisé sur de la lectine, un antigène contenant une chaîne de sucre cible peut être mesuré de manière fortement sensible et uniforme et, en outre, des cellules contenant la chaîne de sucre cible, etc., peuvent être séparées (concentrées et récoltées).
(JA) 本発明は、標的糖鎖含有抗原結合後に十分な洗浄が可能で、品質の安定した、高感度でかつ安価なレクチン固定化基材(レクチンプレートなど)を提供すること、及びそのための基材へのレクチン固定化方法を提供することを目的とする。 本発明は、標的糖鎖を認識するレクチンのN末端側もしくはC末端側に、PSタグなどの基材表面に吸着機能を有するペプチドを融合させたレクチン-ペプチド融合体を、前記ペプチドの側で基材に固定化する方法、及び当該方法で製造されたレクチン固定化基材を提供する。当該レクチン固定化基材を用いることで、標的糖鎖含有抗原を高感度に、バラツキ無く測定でき、かつ標的糖鎖を含有する細胞などの分離(濃縮、回収)も可能となった。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)