国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018190331) 圧縮コイルばねおよびその製造方法

Pub. No.:    WO/2018/190331    International Application No.:    PCT/JP2018/015034
Publication Date: Fri Oct 19 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Apr 11 01:59:59 CEST 2018
IPC: C22C 38/00
C21D 1/06
C21D 7/06
C21D 9/02
C22C 38/46
F16F 1/06
C22C 38/54
Applicants: NHK SPRING CO., LTD.
日本発條株式会社
Inventors: AKANUMA, Toshiyuki
赤沼 俊之
SHIRAISHI, Tohru
白石 透
IWAGAKI, Yohei
岩垣 洋平
TAKAHASHI, Keita
高橋 啓太
HIRAI, Shun
平井 俊
Title: 圧縮コイルばねおよびその製造方法
Abstract:
線材表面にC 濃化層を、ごく薄い範囲で均一な厚さに形成し、成形後の線材に適切な圧縮残留応力分布を付与することにより、高耐久性かつ高耐へたり性の圧縮コイルばねを提供する。 重量%で、Cを0.5~0.7%、Siを1.2~3.0%、Mnを0.3~1.2%、Crを0.5~1.9%、Vを0.05~0.5%含むとともに、任意成分としてNiを1.5%以下、Moを1.5%以下、Wを0.5%以下のうち1種または2種以上を含み、残部が鉄および不可避不純物からなる鋼線材を用いた圧縮コイルばねにおいて、表層部に前記鋼線材に含まれるCの平均濃度を超えるC濃化層を有し、鋼線材の全周に亘ってC濃化層の厚さが0.01~0.05mmの範囲に入るものとする。