このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018190302) 角栓を除去する方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/190302 国際出願番号: PCT/JP2018/014942
国際公開日: 18.10.2018 国際出願日: 09.04.2018
IPC:
A61K 8/44 (2006.01) ,A61K 8/33 (2006.01) ,A61K 8/34 (2006.01) ,A61K 8/36 (2006.01) ,A61K 8/46 (2006.01) ,A61Q 19/10 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
40
窒素を含むもの
44
アミノカルボン酸またはその誘導体,例.硫黄を含むアミノカルボン酸;塩,エステルまたはそのNアシル化誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
33
酸素を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
33
酸素を含むもの
34
アルコール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
33
酸素を含むもの
36
カルボン酸;その塩または無水物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
46
硫黄を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
19
スキンケア剤
10
洗浄または浴用剤
出願人:
花王株式会社 KAO CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区日本橋茅場町一丁目14番10号 14-10, Nihonbashi Kayabacho 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038210, JP
発明者:
尾沢 敏明 OZAWA, Toshiaki; JP
坂井 隆也 SAKAI, Takaya; JP
三好 真理子 MIYOSHI, Mariko; JP
古川 大輔 FURUKAWA, Daisuke; JP
白井 彩 SHIRAI, Aya; JP
代理人:
特許業務法人アルガ特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY ARUGA PATENT OFFICE; 東京都中央区日本橋人形町1丁目3番8号 沢の鶴人形町ビル Sawanotsuru Ningyocho Bldg., 1-3-8, Nihonbashi Ningyocho, Chuo-ku, Tokyo 1030013, JP
優先権情報:
PCT/JP2017/01473010.04.2017JP
発明の名称: (EN) KERATIN PLUG REMOVAL METHOD
(FR) PROCÉDÉ D’ÉLIMINATION DES POINTS NOIRS
(JA) 角栓を除去する方法
要約:
(EN) Provided is a keratin plug removal method capable of sufficiently exhibiting an excellent keratin plug removal effect without causing pain or irritation to the skin. The present invention pertains to a method for removing keratin plugs by using a composition containing 0.8%–20% by mass arginine (A) and having a pH of 8.0–12.5 at 25°C.
(FR) L’invention fournit un procédé destiné à éliminer les points noirs qui ne cause aucun désagrément à la peau tel qu’une douleur, une sensation d’irritation, ou similaire, et qui permet de développer de manière suffisante un excellent effet d’élimination des points noirs. Plus précisément, l’invention concerne un procédé destiné à éliminer les points noirs à l’aide d’une composition comprenant 0,8% en masse ou plus à 20% en masse ou moins d’une arginine (A), et présentant un pH supérieur ou égal à 8,0 et inférieur ou égal à 12,5.
(JA) 皮膚に痛みや刺激感等の負担をかけることなく、優れた角栓除去効果を充分に発揮することのできる角栓を除去する方法を提供する。 本発明は、アルギニン(A)を0.8質量%以上20質量%以下含有し、かつ25℃におけるpHが8.0以上12.5以下である組成物を用いて角栓を除去する方法に関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)