国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018190300) 排ガス浄化用触媒

Pub. No.:    WO/2018/190300    International Application No.:    PCT/JP2018/014939
Publication Date: Fri Oct 19 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Apr 10 01:59:59 CEST 2018
IPC: B01J 27/053
B01D 53/94
B01J 37/02
F01N 3/10
C01F 11/46
Applicants: CATALER CORPORATION
株式会社キャタラー
Inventors: OISHI, Shunsuke
大石 隼輔
KAWAMURA, Shogo
河村 省梧
NAGATA, Takahiro
永田 貴寛
ORI, Hirotaka
小里 浩隆
ITOU, Minoru
伊藤 実
Title: 排ガス浄化用触媒
Abstract:
本発明は、アルカリ土類金属を高度な分散状態で多孔質担体に担持させた排ガス浄化用触媒を提供する。本発明により提供される排ガス浄化用触媒の触媒層は、多孔質担体と、白金族に属する触媒金属と、当該多孔質担体に担持された少なくとも一種のアルカリ土類金属の硫酸塩とを備えるアルカリ土類金属担持領域を有しており、 当該領域の断面について、 ピクセルサイズ 0.34μm×0.34μm; 測定ピクセル数 256×256; の条件でFE-EPMAによる面分析を行い、前記アルカリ土類金属の元素(Ae)の特性X線の強度(α:cps)および前記多孔質担体を構成する無機化合物の主構成元素(M)の特性X線の強度(β:cps)を各ピクセルについて測定し、得られた各ピクセルにおけるαおよびβを用いて算出したピアソンの相関係数RAe/M値が0.5以上であることを特徴とする。