このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018190156) エンジン
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/190156 国際出願番号: PCT/JP2018/013737
国際公開日: 18.10.2018 国際出願日: 30.03.2018
IPC:
F02B 71/04 (2006.01) ,F01D 13/02 (2006.01) ,F01K 23/02 (2006.01) ,F02B 63/04 (2006.01) ,F02B 71/06 (2006.01) ,F02B 73/00 (2006.01) ,F02C 5/02 (2006.01) ,F02C 5/08 (2006.01) ,F02C 5/12 (2006.01) ,H02K 35/02 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
71
自由ピストン機関;回転する主軸のない機関
04
特殊な用途のためのそのような機関の応用;それにより駆動される装置とそのような機関との組み合わせ(主として駆動される装置に関係する場合については,そのような装置に関連あるクラスを参照)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
D
非容積形機械または機関,例.蒸気タービン
13
2以上の機械または機関の組み合わせ
02
使用流体が機械間または機関間で連係しているもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
K
蒸気機関設備;蒸気アキュムレータ;他に分類されない機関設備;特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関
23
2以上の機関が設備の外部へ出力を供給し,それらの機関が異なった流体で駆動されることを特徴とする設備
02
機関サイクルが熱的に結合されているもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
63
ポンプ,手持ち工具,または発電機を駆動するための機関の応用;機関と機関により駆動される装置との携帯可能な組み合わせ
04
発電機のためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
71
自由ピストン機関;回転する主軸のない機関
04
特殊な用途のためのそのような機関の応用;それにより駆動される装置とそのような機関との組み合わせ(主として駆動される装置に関係する場合については,そのような装置に関連あるクラスを参照)
06
自由ピストン燃焼ガス発生装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
73
2つまたはそれ以上の機関の組み合わせで,他に分類されないもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
5
作動流体が間欠的な燃焼により発生することに特徴のあるガスタービン装置
02
設備内の燃焼室の配置によって特徴づけられたもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
5
作動流体が間欠的な燃焼により発生することに特徴のあるガスタービン装置
06
作動流体が実質的に機械的出力をもたない容積型の内燃ガス発生機により生成されるもの
08
ガス発生機が自由ピストン型であるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
5
作動流体が間欠的な燃焼により発生することに特徴のあるガスタービン装置
12
燃焼室が吸気弁または排気弁をもつもの,例.ホルツワースガスタービン装置
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
35
往復動または振動するコイル,磁石,電機子または他の磁気回路部分をもつ発電機
02
移動磁石と固定コイルとをもつもの
出願人:
アムネクスト・テクノロジ株式会社 AMNEXT TECHNOLOGY INC. [JP/JP]; 神奈川県横浜市青葉区桂台二丁目17番地18 2-17-18, Katsuradai, Aoba-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2270034, JP
発明者:
大石 康年 OHISHI, Yasutoshi; JP
代理人:
今井 彰 IMAI, Akira; JP
優先権情報:
2017-07992713.04.2017JP
発明の名称: (EN) ENGINE
(FR) MOTEUR
(JA) エンジン
要約:
(EN) Provided is an engine (5) having a gas supply unit (10) which, as a piston (12) reciprocates rectilinearly, supplies combustion gas for driving. The gas supply unit (10) includes: a first combustion chamber (31) provided on a first side of the piston; a first gas output opening (17) for supplying, for driving use, high-pressure combustion gas produced in the first combustion chamber; and a second combustion chamber (32) provided on a second side on the opposite side of the piston and generating a second force for moving the piston to the first side. The engine (5) also has a piston control unit (60) for controlling the position of the piston against a first force and the second force of the piston which is moved by combustion within the first combustion chamber.
(FR) L'invention concerne un moteur (5) ayant une unité d'alimentation en gaz (10) qui, lorsqu'un piston (12) effectue un mouvement de va-et-vient de façon rectiligne, fournit un gaz de combustion à des fins d'entraînement. L'unité d'alimentation en gaz (10) comprend : une première chambre de combustion (31) disposée sur un premier côté du piston ; une première ouverture de sortie de gaz (17) pour fournir, pour l'utilisation d'entraînement, un gaz de combustion à haute pression produit dans la première chambre de combustion ; et une seconde chambre de combustion (32) disposée sur un second côté sur le côté opposé du piston et générant une seconde force pour déplacer le piston vers le premier côté. Le moteur (5) comprend également une unité de commande de piston (60) pour commander la position du piston contre une première force et la seconde force du piston qui est déplacée par combustion à l'intérieur de la première chambre de combustion.
(JA) ピストン(12)の往復直線運動に伴い駆動用の燃焼ガスを供給するガス供給ユニット(10)を有するエンジン(5)を提供する。ガス供給ユニット(10)は、ピストンの第1の側に設けられた第1の燃焼室(31)と、第1の燃焼室で生成された高圧の燃焼ガスを駆動用に供給する第1のガス出力口(17)と、ピストンを挟んだ第2の側に設けられ、ピストンを第1の側に移動する第2の力を生成する第2の燃焼室(32)とを含む。エンジン(5)は、さらに、第1の燃焼室における燃焼により移動するピストンの第1の力および上記第2の力に対抗してピストンの位置を制御するピストン制御ユニット(60)を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)