このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018189947) 二酸化炭素回収システム及び二酸化炭素回収方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/189947 国際出願番号: PCT/JP2017/043243
国際公開日: 18.10.2018 国際出願日: 01.12.2017
IPC:
B01D 53/96 (2006.01) ,B01D 53/14 (2006.01) ,B01D 53/50 (2006.01) ,B01D 53/62 (2006.01) ,B01D 53/78 (2006.01) ,B01D 53/82 (2006.01) ,C01B 32/50 (2017.01) ,F01K 17/02 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
96
反応物質の再生,再活性化または再生利用
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
14
吸収によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
46
構造が特定される成分の除去
48
硫黄化合物
50
硫黄酸化物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
46
構造が特定される成分の除去
62
炭素酸化物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
77
液相方法
78
気液接触によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
81
固相法
82
固定反応物質によるもの
[IPC code unknown for C01B 32/50]
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
K
蒸気機関設備;蒸気アキュムレータ;他に分類されない機関設備;特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関
17
蒸気機関設備から抽出または排出された蒸気または復水の利用
02
加熱目的のためのもの,例.工業用,家庭用
出願人:
関西電力株式会社 THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区中之島三丁目6番16号 6-16, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308270, JP
発明者:
桑野 理 KUWANO, Satoshi; JP
妹尾 剛明 SENO, Takaaki; JP
山野 宏次郎 YAMANO, Kojiro; JP
勝間 篤 KATSUMA, Atsushi; JP
代理人:
中原 正樹 NAKAHARA, Masaki; JP
優先権情報:
2017-07992013.04.2017JP
発明の名称: (EN) CARBON DIOXIDE RECOVERY SYSTEM AND CARBON DIOXIDE RECOVERY METHOD
(FR) SYSTÈME ET PROCÉDÉ DE RÉCUPÉRATION DE DIOXYDE DE CARBONE
(JA) 二酸化炭素回収システム及び二酸化炭素回収方法
要約:
(EN) A carbon dioxide recovery system (400) is provided with: a first heat exchanger (430), which is disposed between a boiler (100) and a desulfurization device (440) and is for cooling exhaust gas g flowing from the boiler (100) to the desulfurization device (440) and heating a first heat medium w1; and a carbon dioxide recovery device (460) for separating and recovering carbon dioxide from an absorbent, which has absorbed carbon dioxide, through the supplying of heat held by the first heat medium w1.
(FR) L'invention concerne un système de récupération de dioxyde de carbone (400) comprenant: un premier échangeur de chaleur (430), qui est disposé entre une chaudière (100) et un dispositif de désulfuration (440) et qui est destiné à refroidir le gaz d'échappement (g) s'écoulant de la chaudière (100) au dispositif de désulfuration (440) et à chauffer un premier milieu thermique (w1); et un dispositif de récupération de dioxyde de carbone (460) pour séparer et récupérer du dioxyde de carbone à partir d'un absorbant qui en a absorbé, par l'apport de chaleur maintenue par le premier milieu thermique (w1).
(JA) 二酸化炭素回収システム(400)は、ボイラ(100)と脱硫装置(440)との間に配置され、ボイラ(100)から脱硫装置(440)に流れる排ガスgを冷却するとともに第一熱媒体w1を加熱する第一熱交換器(430)と、第一熱媒体w1が有する熱が供給されることで、二酸化炭素を吸収した吸収体から二酸化炭素を分離させて回収する二酸化炭素回収装置(460)とを備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)