このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018189944) ラムジェットエンジンの再生冷却器及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/189944 国際出願番号: PCT/JP2017/041348
国際公開日: 18.10.2018 国際出願日: 16.11.2017
IPC:
F02K 7/14 (2006.01) ,F02C 7/22 (2006.01) ,F23R 3/30 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
K
ジェット推進設備
7
作動流体が噴射のみに使用される設備,すなわち.圧縮機またはダクテッドファンを駆動するタービンまたはその他の機関のない設備;その制御
10
ラム圧による圧縮によって特徴づけられたもの,すなわち.空力学熱力学的導管またはラムジェットエンジン
14
外部で燃焼するもの,例.スクラムジェットエンジン
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
22
燃料供給系統
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
R
高圧または高速の燃焼生成物の生成,例.ガスタービン燃焼室
3
液体またはガス状燃料を用いる連続燃焼室
28
燃料供給に特徴のあるもの
30
燃料を予め気化する装置をもつもの
出願人:
三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都港区港南二丁目16番5号 16-5, Konan 2-Chome, Minato-ku, Tokyo 1088215, JP
発明者:
鈴木 研二 SUZUKI Kenji; JP
美濃谷 誠 MINOYA Makoto; JP
代理人:
狩野 芳正 KARINO Yoshimasa; JP
優先権情報:
2017-07737710.04.2017JP
発明の名称: (EN) REGENERATIVE COOLER FOR RAMJET ENGINE, AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) REFROIDISSEUR RÉGÉNÉRATIF DESTINÉ A UN STATORÉACTEUR ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) ラムジェットエンジンの再生冷却器及びその製造方法
要約:
(EN) A regenerative cooler (2) is provided with a flow passage forming structure (10) having formed therein a fuel flow passage (11) to which liquid fuel is supplied. A coating (12, 12A) at least partially covering a wall surface of the fuel flow passage (11) is formed in the fuel flow passage (11). The coating (12, 12A) includes metal particles (13) affixed to the wall surface (11a) of the fuel flow passage (11), and a covering material (14, 17).
(FR) L'invention concerne un refroidisseur régénératif (2) pourvu d'une structure de formation de passage d'écoulement (10) dans laquelle est formé un passage d'écoulement de carburant (11) alimenté en combustible liquide. Un revêtement (12, 12A) recouvrant au moins partiellement une surface de paroi du passage d'écoulement de carburant (11) est formé dans le passage d'écoulement de carburant (11). Le revêtement (12, 12A) comprend des particules métalliques (13) fixées à la surface de paroi (11a) du passage d'écoulement de carburant (11), et un matériau de recouvrement (14, 17).
(JA) 再生冷却器(2)は、液体燃料が供給される燃料流路(11)が内部に形成された流路形成構造体(10)を具備する。燃料流路(11)には、燃料流路(11)の壁面を少なくとも部分的に被覆する皮膜(12、12A)が形成されている。該皮膜(12、12A)が、燃料流路(11)の壁面(11a)に固着された金属粒子(13)と、被覆材(14、17)とを含んでいる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)