このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018186491) チタン含有珪素酸化物の製造方法、エポキシドの製造方法、及びチタン含有珪素酸化物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/186491 国際出願番号: PCT/JP2018/014753
国際公開日: 11.10.2018 国際出願日: 06.04.2018
IPC:
C01B 39/04 (2006.01) ,B01J 21/08 (2006.01) ,C01B 33/12 (2006.01) ,C01B 37/00 (2006.01) ,C07D 303/04 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
39
分子ふるい特性と塩基交換特性を有する化合物,例.結晶性ゼオライト;その製造;後処理,例.イオン交換または脱アルミニウム
02
結晶性アルミノけい酸塩ゼオライト;その同形置換化合物;その直接製造;もう一つの型の結晶性ゼオライトを含む反応混合物から,または前もって形成された反応物質からの製造:その後処理
04
すくなくとも一つの有機鋳型指向剤,例.イオン性第4級アンモニウム化合物またはアミノ化化合物,を用いるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
21
マグネシウム,ほう素,アルミニウム,炭素,けい素,チタン,ジルコニウムまたはハフニウム,その酸化物または水酸化物からなる触媒
06
けい素,チタン,ジルコニウムまたはハフニウム;その酸化物または水酸化物
08
シリカ
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
33
けい素;その化合物
113
酸化けい素;その水和物
12
シリカ;その水和物,例.うろこ状けい酸
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
37
分子ふるい特性を有するが塩基交換特性を有しない化合物
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
303
異項原子として1個の酸素原子のみをもつ3員環を含有する化合物
02
オキシラン環を含有する化合物
04
環の酸素原子以外に水素および炭素原子のみを含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
住友化学株式会社 SUMITOMO CHEMICAL COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都中央区新川二丁目27番1号 27-1, Shinkawa 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048260, JP
発明者:
山下 史一 YAMASHITA, Fumikazu; JP
池田 翔子 IKEDA, Shoko; JP
小澤 卓也 OZAWA, Takuya; JP
代理人:
特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK; 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北2番6号 大和南森町ビル Daiwa Minamimorimachi Building, 2-6, Tenjinbashi 2-chome Kita, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300041, JP
優先権情報:
2017-07697007.04.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING TITANIUM-CONTAINING SILICON OXIDE, METHOD FOR PRODUCING EPOXIDE, AND TITANIUM-CONTAINING SILICON OXIDE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D’OXYDE DE SILICIUM CONTENANT DU TITANE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION D’ÉPOXYDE, ET OXYDE DE SILICIUM CONTENANT DU TITANE
(JA) チタン含有珪素酸化物の製造方法、エポキシドの製造方法、及びチタン含有珪素酸化物
要約:
(EN) Provided is a method for producing a titanium-containing silicon oxide that is capable of maintaining high catalytic activity for a long period of time in cases where the titanium-containing silicon oxide is used as a catalyst for a reaction in which an epoxide is produced from an olefin and a hydroperoxide. A method for producing a titanium-containing silicon oxide, which comprises step A, step B, step C and step D, while additionally comprising a step for introducing titanium.
(FR) La présente invention concerne un procédé de production d’un oxyde de silicium contenant du titane qui est capable de maintenir une activité catalytique élevée sur une longue durée dans les cas où l’oxyde de silicium contenant du titane est utilisé comme catalyseur pour une réaction dans laquelle un époxyde est produit à partir d’une oléfine et d’un hydroperoxyde. L'invention concerne également un procédé de production d’un oxyde de silicium contenant du titane, qui comprend l’étape A, l’étape B, l’étape C et l’étape D, tout en comprenant additionnellement une étape d’introduction de titane.
(JA) オレフィンとハイドロパーオキサイドとからエポキシドを生成する反応に触媒として用いた場合に高い触媒活性を長期に亘って維持し得るチタン含有珪素酸化物の製造方法を提供する。工程A、工程B、工程C、及び工程Dを有し、さらにチタンを導入する工程を有する、チタン含有珪素酸化物の製造方法。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)