このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018186460) トリフルオロメチルピリジン類の精製方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/186460 国際出願番号: PCT/JP2018/014497
国際公開日: 11.10.2018 国際出願日: 04.04.2018
IPC:
C07D 213/61 (2006.01) ,B01J 27/128 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
213
異項原子として1個の窒素原子のみをもち,環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有し,他の環と縮合していない6員環からなる複素環式化合物
02
環原子相互間または環原子と非環原子間に3個の二重結合を有するもの
04
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
60
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
61
ハロゲン原子またはニトロ基
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
27
ハロゲン,硫黄,セレン,テルル,りん,窒素またはそれらの化合物からなる触媒;炭素化合物からなる触媒
06
ハロゲン;その化合物
128
鉄族金属または白金族金属を有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
石原産業株式会社 ISHIHARA SANGYO KAISHA, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市西区江戸堀一丁目3番15号 3-15, Edobori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500002, JP
発明者:
吉澤 博 YOSHIZAWA Hiroshi; JP
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2017-07422904.04.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PURIFYING TRIFLUOROMETHYLPYRIDINE COMPOUND
(FR) PROCÉDÉ DE PURIFICATION DE COMPOSÉ TRIFLUOROMÉTHYLPYRIDINE
(JA) トリフルオロメチルピリジン類の精製方法
要約:
(EN) The present invention relates to a method for purifying a compound represented by formula (I), the method including a step in which a mixture comprising the compound represented by formula (I) and a compound represented by formula (II) is treated with an aqueous solution of a basic compound. [In formula (I), R1 is a hydrogen or chlorine atom. In formula (II), R2, R3, and R4 are the same or different and are each a hydrogen, chlorine, or fluorine atom; and R3 and/or R4 is a chlorine or fluorine atom and when R3 is a chlorine atom, then R4 is a chlorine or fluorine atom.]
(FR) La présente invention concerne un procédé de purification d'un composé représenté par la formule (I), le procédé comprenant une étape dans laquelle un mélange comprenant le composé représenté par la formule (I) et un composé représenté par la formule (II) est traité avec une solution aqueuse d'un composé basique. [Dans la formule (I), R1 représente un atome d'hydrogène ou un atome de chlore, dans la formule (II), R2, R3 et R4 sont identiques ou différents et représentent chacun un atome d'hydrogène, un atome de chlore ou un atome de fluor ; et R3 et/ou R4 représentent un atome de chlore ou un atome de fluor et lorsque R3 représente un atome de chlore, alors R4 est un atome de chlore ou un atome de fluor.]
(JA) 本発明は、式(I)で表される化合物及び式(II)で表される化合物を含む混合物を塩基性化合物の水溶液で処理する工程を含む、式(I)で表される化合物の精製方法に関する。 [式(I)中、Rは、水素原子又は塩素原子である。式(II)中、R、R及びRは、それぞれ同一又は異なって、水素原子、塩素原子又はフッ素原子であり、R及びRの少なくとも一方は、塩素原子又はフッ素原子であり、Rが塩素原子である場合、Rは塩素原子又はフッ素原子である。]
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)