このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018186440) 新規な1-フェニルピペリジン誘導体及びこれを有効成分とする農園芸用薬剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/186440 国際出願番号: PCT/JP2018/014409
国際公開日: 11.10.2018 国際出願日: 04.04.2018
IPC:
C07D 211/18 (2006.01) ,A01N 43/40 (2006.01) ,A01P 5/00 (2006.01) ,A01P 7/00 (2006.01) ,A01P 7/02 (2006.01) ,A01P 7/04 (2006.01) ,C07D 405/10 (2006.01) ,C07D 409/10 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
211
他の環と縮合していない水素添加したピリジン環を含有する複素環式化合物
04
環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみを有するもの
06
環原子相互間または環原子と非環原子間に二重結合のないもの
08
環の炭素原子に直接結合する炭化水素基または置換炭化水素基を有するもの
18
環の炭素原子に結合し,置換された炭化水素基を有するもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
43
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって複素環式化合物を含むもの
34
異項原子として1個の窒素原子のみをもつ環を有するもの
40
6員環
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
5
殺線虫剤
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
7
殺節足動物剤
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
7
殺節足動物剤
02
殺ダニ剤
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
7
殺節足動物剤
04
殺虫剤
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
10
芳香族環を含有する炭素鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
409
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として硫黄のみをもつ複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
10
芳香族環を含有する炭素鎖により結合しているもの
出願人:
アグロカネショウ株式会社 AGRO-KANESHO CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区赤坂4丁目2番19号 2-19, Akasaka 4-chome, Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
発明者:
小山 一秋 OYAMA Katsuaki; JP
黒瀬 裕 KUROSE Yutaka; JP
荒木 恒一 ARAKI Koichi; JP
八田 響 HATTA Hibiki; JP
山口 麻紀子 YAMAGUCHI Makiko; JP
福地 俊樹 FUKUCHI Toshiki; JP
代理人:
田中 伸一郎 TANAKA Shinichiro; JP
弟子丸 健 DESHIMARU Takeshi; JP
箱田 篤 HAKODA Atsushi; JP
浅井 賢治 ASAI Kenji; JP
山崎 一夫 YAMASAKI Kazuo; JP
市川 さつき ICHIKAWA Satsuki; JP
服部 博信 HATTORI Hironobu; JP
優先権情報:
2017-07521405.04.2017JP
発明の名称: (EN) NOVEL 1-PHENYLPIPERIDINE DERIVATIVE AND AGRICULTURAL/HORTICULTURAL DRUG AGENT INCLUDING SAME AS EFFECTIVE COMPONENT
(FR) NOUVEAU DÉRIVÉ DE 1-PHÉNYLPIPÉRIDINE ET AGENT PHARMACEUTIQUE AGRICOLE/HORTICOLE LE CONTENANT EN TANT QUE COMPOSANT ACTIF
(JA) 新規な1-フェニルピペリジン誘導体及びこれを有効成分とする農園芸用薬剤
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a novel 1- phenylpiperidine derivative and an agricultural/horticultural drug agent including the compound as an effective component, in particular a novel 1-phenylpiperidine derivative useful for an agricultural/horticultural pest control agent, tick/mite control agent, nematode control agent and the like, and a production method and method of use thereof. Provided are a 1-phenylpiperidine derivative represented by a formula, N-oxide thereof, or a salt thereof. [In the formula: R is, for example, a C1-6 alkyl group or a C1-6 haloalkyl group; X is, for example, a C1-6 alkyl group, a C1-6 haloalkyl group, a halogen atom, or a cyano group; Y is, for example, a halogen atom; Z is, for example, a C1-6 haloalkyl group; n is an integer of 0, 1, or 2; and m is an integer of 1 to 3.]
(FR) Le but de la présente invention est de fournir un nouveau dérivé de 1-phénylpipéridine et un agent pharmaceutique agricole/horticole le contenant en tant que composant actif, en particulier un nouveau dérivé de 1-phénylpipéridine utile pour un agent de lutte contre les organismes nuisibles agricoles/horticoles, un agent de lutte contre les tiques/acariens, un agent de lutte contre les nématodes et analogues, ainsi qu'un procédé de production et un procédé d'utilisation de ceux-ci. L'invention concerne un dérivé de 1-phénylpipéridine représenté par la formule, un N-oxyde, ou un sel de celui-ci. [Dans la formule : R représente, par exemple, un groupe alkyle en C1 -6 ou un groupe haloalkyle en C1 -6 ; X représente, par exemple, un groupe alkyle en C1 -6, un groupe haloalkyle en C1 -6, un atome d'halogène ou un groupe cyano ; Y représente, par exemple, un atome d'halogène ; Z représente, par exemple, un groupe haloalkyle en C1 -6 ; n est un nombre entier de 0, 1, ou 2 ; et m est un nombre entier de 1 à 3.]
(JA) 新規な1-フェニルピペリジン誘導体及び該化合物を有効成分とする農園芸用薬剤、特に農園芸用害虫防除剤や、ダニ防除剤、線虫防除剤などに有用な新規な1-フェニルピペリジン誘導体、並びに、その製造及び使用方法を提供する。 以下の式で示される1-フェニルピペリジン誘導体、そのN-オキシド又はその塩。[式中、Rは、例えば、C1-6アルキル基、C1-6ハロアルキル基などであり、Xは、例えば、C1-6アルキル基、C1-6ハロアルキル基、ハロゲン原子、シアノ基などであり、Yは、例えば、ハロゲン原子などであり、Zは、例えば、C1-6ハロアルキル基であり、nは、0、1又は2の整数を示し、mは、1から3の整数を示す。]
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)