国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018186324) 潜像用水性インク組成物、使用方法及び印刷物、並びに固体製剤の印刷物及び固体製剤の印刷方法

Pub. No.:    WO/2018/186324    International Application No.:    PCT/JP2018/014057
Publication Date: Fri Oct 12 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Apr 03 01:59:59 CEST 2018
IPC: C09D 11/50
A61K 9/44
B41J 2/01
B41M 3/14
B41M 5/00
C09D 11/32
C09K 11/06
Applicants: SCREEN HOLDINGS CO., LTD.
株式会社SCREENホールディングス
Inventors: ENOMOTO Yuto
榎本 悠人
Title: 潜像用水性インク組成物、使用方法及び印刷物、並びに固体製剤の印刷物及び固体製剤の印刷方法
Abstract:
可視光領域下では視認性を抑制した潜像であり、紫外線照射後では当該潜像を顕像化することが可能な潜像用水性インク組成物、使用方法及び印刷物を提供する。 本発明の潜像用水性インク組成物は、可視光領域で光透過性を有し、潜像を印刷するための潜像用水性インク組成物であって、波長域が100nm~400nmの範囲の紫外線照射により可視光領域で蛍光を発する蛍光剤を少なくとも含み、前記蛍光剤が、リボフラビン、リボフラビン酪酸エステル、リボフラビンリン酸エステルナトリウム、桂皮酸誘導体、L-トリプトファン、チロシン、フェニルアラニン、キニーネ、キニーネ塩酸塩2水和物、硫酸キニーネ、赤色3号、赤色104号、赤色105号、赤色106号、フマル酸塩、クロロフィル及びローダミンからなる群より選ばれる少なくとも1種であり、前記蛍光剤の含有量が潜像用水性インク組成物の全質量に対し0.001質量%~10質量%の範囲内である。