国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018186298) Cr-Fe-Ni系合金製造物およびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/186298 国際出願番号: PCT/JP2018/013663
国際公開日: 11.10.2018 国際出願日: 30.03.2018
IPC:
C22C 27/06 (2006.01) ,B22F 1/00 (2006.01) ,B22F 3/02 (2006.01) ,B22F 3/10 (2006.01) ,B22F 3/15 (2006.01) ,B22F 9/08 (2006.01) ,C22C 1/04 (2006.01) ,C22F 1/00 (2006.01) ,C22F 1/11 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
27
レニウムまたはグループ14/00もしくは16/00において述べられていない耐火金属を基とする合金
06
クロムを基とする合金
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3
成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
02
成形のみに特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3
成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
10
焼結のみに特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3
成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
12
成形と焼結の両者を特徴とするもの
14
両者を同時に行なうもの
15
熱間静水圧プレス
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
9
金属質粉またはその懸濁液の製造;それに特に適する装置または機械
02
物理的プロセスを用いるもの
06
液体物質からはじまるもの
08
鋳造によるもの,例.ふるいを通してまたは水中への鋳造,アトマイズまたはスプレイによるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
1
非鉄合金の製造
04
粉末冶金によるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
11
クロムまたはクロムを基とする合金
出願人:
日立金属株式会社 HITACHI METALS, LTD. [JP/JP]; 東京都港区港南一丁目2番70号 2-70, Konan 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1088224, JP
発明者:
木村 友則 KIMURA Tomonori; JP
能島 雅史 NOUJIMA Masafumi; JP
長谷川 満 HASEGAWA Mitsuru; JP
青野 泰久 AONO Yasuhisa; JP
西田 純一 NISHIDA Junichi; JP
上原 利弘 UEHARA Toshihiro; JP
代理人:
ポレール特許業務法人 POLAIRE I.P.C.; 東京都中央区日本橋茅場町二丁目13番11号 13-11, Nihonbashikayabacho 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030025, JP
優先権情報:
2017-07377003.04.2017JP
発明の名称: (EN) Cr-Fe-Ni-BASED ALLOY PRODUCT AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) PRODUIT D'ALLIAGE À BASE DE Cr-Fe-Ni ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) Cr-Fe-Ni系合金製造物およびその製造方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide an alloy product and a method for manufacturing the product, the alloy product being provided both with mechanical characteristics equal to or greater than those of stainless steel and with corrosion resistance capable of withstanding an intensely corrosive environment such as that of direct contact with various qualities of fuel or combustion gases thereof, or degraded lubricating oil, and the alloy product enabling further cost reduction than an Ni-based alloy. This product using a Cr-Fe-Ni-based alloy is characterized in that the chemical composition of the alloy includes 45-75% by mass Cr, 10-33% by mass Fe, 10-40% by mass Ni, 2% by mass or less Mn, 1% by mass or less Si, 0.005-0.2% by mass Al, 2% by mass or less C, 2% by mass or less N, 0.2% by mass or less O, 0.06% by mass or less P, and 0.01% by mass or less S, and the share of a ferrite phase in the microstructure of the product is 60 area% or greater.
(FR) L'objectif de la présente invention est de fournir un produit d'alliage et un procédé de fabrication du produit, le produit d'alliage étant pourvu à la fois de caractéristiques mécaniques égales ou supérieures à celles de l'acier inoxydable et d'une résistance à la corrosion pouvant supporter un environnement fortement corrosif tel que celui de contact direct avec différentes qualités de combustible ou de gaz de combustion de celui-ci, ou une huile lubrifiante dégradée, et le produit d'alliage permettant une réduction supplémentaire des coûts par rapport à un alliage à base de Ni. Ce produit utilisant un alliage à base de Cr-Fe-Ni est caractérisé en ce que la composition chimique de l'alliage comprend de 45 à 75 % en masse de Cr, de 10 à 33 % en masse de Fe, de 10 à 40 % en masse de Ni, de 2 % en masse ou moins de Mn, 1 % en masse ou moins de Si, de 0,005 à 0,2 % en masse de Al, 2 % en masse ou moins de C, 2 % en masse ou moins de N, 0,2 % en masse ou moins de O, 0,06 % en masse ou moins de P, et 0,01 % en masse ou moins de S, et la part d'une phase de ferrite dans la microstructure du produit est supérieure ou égale à 60 % en masse.
(JA) 本発明は、様々な品質の燃料やその燃焼ガスや劣化した潤滑油と直接接触するような厳しい腐食環境に耐えられる耐食性およびステンレス鋼と同等以上の機械的特性を兼ね備え、かつNi基合金よりも低コスト化が可能な合金製造物、および該製造物の製造方法を提供することを目的とする。本発明のCr-Fe-Ni系合金を用いた製造物は、前記合金の化学組成が45~75質量%のCrと、10~33質量%Feと、10~40質量%のNiと、2質量%以下のMnと、1質量%以下のSiと、0.005~0.2質量%のAlと、2質量%以下のCと、2質量%以下のNと、0.2質量%以下のOと、0.06質量%以下のPと、0.01質量%以下のSとを含み、前記製造物は、その微細組織においてフェライト相の占有率が60面積%以上であることを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)