このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018186104) 尿素の定量方法及び分析装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/186104 国際出願番号: PCT/JP2018/009051
国際公開日: 11.10.2018 国際出願日: 08.03.2018
IPC:
G01N 33/18 (2006.01) ,G01N 31/00 (2006.01) ,G01N 31/22 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
18
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
31
サブグループに規定された化学的方法の利用による非生物学的材料の調査または分析;該方法に特に用いられる装置
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
31
サブグループに規定された化学的方法の利用による非生物学的材料の調査または分析;該方法に特に用いられる装置
22
化学的指示薬の利用
出願人:
オルガノ株式会社 ORGANO CORPORATION [JP/JP]; 東京都江東区新砂1丁目2番8号 2-8, Shinsuna 1-chome, Koto-ku, Tokyo 1368631, JP
発明者:
高橋 一重 TAKAHASHI Kazushige; JP
菅原 広 SUGAWARA Hiroshi; JP
須藤 史生 SUDO Fumio; JP
島田 勝久 SHIMADA Katsuhisa; JP
代理人:
宮崎 昭夫 MIYAZAKI Teruo; JP
緒方 雅昭 OGATA Masaaki; JP
優先権情報:
2017-07430004.04.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR QUANTIFYING UREA AND ANALYZING DEVICE
(FR) PROCÉDÉ DE QUANTIFICATION D’URÉE ET DISPOSITIF D’ANALYSE
(JA) 尿素の定量方法及び分析装置
要約:
(EN) Provided is a method for quantifying urea in a sample solution with a colorimetric method using diacetylmonoxime, wherein a reagent formulated for use in reaction is refrigerated, and the refrigerated reagent is used to quantify urea. In particular, an antipyrine-containing reagent solution is maintained at, for example, 20oC or lower after being formulated and until the solution is used to quantify the urea.
(FR) La présente invention concerne un procédé de quantification d’urée dans une solution d’échantillon avec un procédé colorimétrique utilisant la diacétylmonoxime, un réactif formulé pour utilisation dans la réaction étant réfrigéré, et le réactif réfrigéré étant utilisé pour quantifier l’urée. En particulier, une solution de réactif contenant de l’antipyrine est maintenue à, par exemple, 20 °C ou moins après avoir été formulée et jusqu’à ce que la solution soit utilisée pour quantifier l’urée.
(JA) ジアセチルモノオキシムを用いる比色法によって試料水中の尿素を定量する方法において、反応に使用するために調製された試薬を冷蔵し、冷蔵された試薬を用いて尿素を定量する。特に、アンチピリン含有試薬液をその調製後、尿素の定量に用いるまでの間、例えば20℃以下に維持する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)