国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018185948) 消臭効果を示す材料
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/185948 国際出願番号: PCT/JP2017/023935
国際公開日: 11.10.2018 国際出願日: 29.06.2017
IPC:
A61L 9/01 (2006.01) ,C03C 3/17 (2006.01) ,C03C 3/19 (2006.01) ,C03C 4/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
9
空気の消毒,殺菌または脱臭
01
防臭組成物
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
12
シリカを含まない酸化物ガラス組成物
16
りんを含むもの
17
アルミニウムまたはベリリウムを含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
12
シリカを含まない酸化物ガラス組成物
16
りんを含むもの
19
ほう素を含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
4
特殊性質をもつガラス用組成物
出願人:
石塚硝子株式会社 ISHIZUKA GLASS CO., LTD. [JP/JP]; 愛知県岩倉市川井町1880番地 1880, Kawai-cho, Iwakura-shi Aichi 4828510, JP
発明者:
木全 さよ KIMATA Sayo; JP
石川 綾子 ISHIKAWA Ayako; JP
代理人:
特許業務法人 なじま特許事務所 NAJIMA PATENT OFFICE; 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目2番28号 名古屋第二埼玉ビル4階 Nagoya Daini Saitama Building 4F, 2-28, Meieki 4-chome, Nakamura-ku, Nagoya-shi, Aichi 4500002, JP
優先権情報:
2017-07415104.04.2017JP
発明の名称: (EN) MATERIAL SHOWING DEODORIZING EFFECT
(FR) MATÉRIAU PRÉSENTANT UN EFFET DÉSODORISANT
(JA) 消臭効果を示す材料
要約:
(EN) This material showing a deodorizing effect is characterized in that the pH of a saturated aqueous solution obtained by pouring 0.1 g of material into 1 mL of distilled water is 2.0-6.9. This material can be a glass material, in particular a soluble glass. Furthermore, the material can be a phosphate-type glass having phosphoric acid as the main component. This material can actualize an effective deodorizing effect by neutralizing ammonia and trimethylamine on contact.
(FR) Ce matériau présentant un effet désodorisant est caractérisé en ce que le pH d’une solution aqueuse saturée obtenue par versement de 0,1 g de matériau dans 1 ml d’eau distillée est de 2,0 à 6,9. Ce matériau peut être un matériau de verre, en particulier un verre soluble. En outre, le matériau peut être un verre de type phosphate comportant de l’acide phosphorique en tant que composant principal. Ce matériau peut actualiser un effet désodorisant efficace par neutralisation de l’ammoniac et de la triméthylamine lors du contact.
(JA) 本発明の消臭効果を示す材料は、材料0.1gに蒸留水1mLを注いで得られた飽和水溶液のpHが、2.0~6.9であることを特徴とする。この材料はガラス材とすることができ、特に、溶解性ガラスとすることができる。さらにリン酸を主成分とするリン酸系ガラスとすることができる。この材料は、接触したアンモニアやトリメチルアミンを中和することによって、効果的に消臭効果を発揮することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)