国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018182032) 合わせガラス

Pub. No.:    WO/2018/182032    International Application No.:    PCT/JP2018/014006
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Mar 31 01:59:59 CEST 2018
IPC: C03C 27/12
B60J 1/00
Applicants: SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.
積水化学工業株式会社
Inventors: YOSHIDA, Shougo
吉田 章吾
MATSUMOTO, Manabu
松本 学
NAKAYAMA, Kazuhiko
中山 和彦
SASAKI, Jun
佐々木 潤
OKANO, Moyuru
岡野 萌
Title: 合わせガラス
Abstract:
合わせガラスの端部で中間膜における空隙の発生を抑制し、合わせガラスの外観を良好に保つことができる合わせガラスを提供する。 本発明に係る合わせガラスは、第1の合わせガラス部材と、第2の合わせガラス部材と、熱可塑性樹脂を含む中間膜とを備える合わせガラスであり、第1の光の照射試験:「前記合わせガラスに、キセノン光180W/m2を、ブラックパネル温度83℃及び湿度50%RHで144時間照射した後、前記合わせガラスを80℃の純水に24時間浸漬する工程を4サイクル行う。」後の前記合わせガラスの端部において、光が照射された中間膜に空隙が生じないか、又は、前記第1の光の照射試験後の前記合わせガラスの端部において、光が照射された中間膜に該端部から内側に向かって距離1mm以下で空隙が生じる。