このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181987) インドール及びその誘導体吸着剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181987 国際出願番号: PCT/JP2018/013871
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 30.03.2018
予備審査請求日: 30.08.2018
IPC:
A61K 31/785 (2006.01) ,A61K 47/18 (2006.01) ,A61K 47/20 (2006.01) ,A61P 13/02 (2006.01) ,A61P 13/12 (2006.01) ,A61P 39/02 (2006.01) ,B01J 20/26 (2006.01) ,C08F 220/54 (2006.01) ,A61K 35/15 (2015.01) ,A61P 7/08 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
74
合成の重合材料
785
窒素を含有する重合体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
06
有機物質
16
窒素を含有するもの
18
アミン;第四級アンモニウム化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
06
有機物質
20
硫黄を含有するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
13
泌尿器系疾患の治療薬
02
尿と尿路疾患の治療剤,例.尿酸性化剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
13
泌尿器系疾患の治療薬
12
腎臓疾患のためのもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
39
一般的保護剤または解毒剤
02
解毒剤
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
22
有機物からなるもの
26
合成高分子化合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
220
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物.その塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの共重合体
02
9個以下の炭素原子をもつモノカルボン酸;その誘導体
52
アミドまたはイミド
54
アミド
[IPC code unknown for A61K 35/15]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
7
血液または細胞外液の疾患の治療薬
08
代用血しょう;潅流液;透折剤;血液透析剤;電解質および酸―塩基による病気の治療剤,例.循環血液量減少性ショック
出願人:
静岡県公立大学法人 SHIZUOKA PREFECTURAL UNIVERSITY CORPORATION [JP/JP]; 静岡県静岡市駿河区谷田52番1号 52-1,Yada,Suruga-ku,Shizuoka-shi, Shizuoka 4228526, JP
国立大学法人九州大学 KYUSHU UNIVERSITY, NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION [JP/JP]; 福岡県福岡市東区箱崎六丁目10番1号 6-10-1, Hakozaki, Higashi-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka 8128581, JP
発明者:
星野 友 HOSHINO Yu; JP
小出 裕之 KOIDE Hiroyuki; JP
奥 直人 OKU Naoto; JP
沖嶋 杏奈 OKISHIMA Anna; JP
代理人:
庄司 隆 SHOJI Takashi; JP
資延 由利子 SUKENOBU Yuriko; JP
大杉 卓也 OHSUGI Takuya; JP
優先権情報:
2017-07301931.03.2017JP
発明の名称: (EN) ADSORBENT FOR INDOLE AND DERIVATIVES THEREOF
(FR) ADSORBANT DE L'INDOLE ET DE SES DÉRIVÉS
(JA) インドール及びその誘導体吸着剤
要約:
(EN) Provided is an adsorbent for indole and derivatives thereof that selectively adsorbs indole and derivatives thereof (particularly indole). A copolymer synthesized by mixing structural units based on each monomer at an optimal ratio was discovered to have the effect of being able to selectively adsorb indole and derivatives thereof.
(FR) L'invention concerne un adsorbant de l'indole et de ses dérivés, qui adsorbe sélectivement l'indole et ses dérivés (en particulier l'indole). Selon l'invention, il a été découvert qu'un copolymère synthétisé par mélange d'unités structurales sur la base de chaque monomère à un rapport optimal a pour effet d'être apte à adsorber sélectivement l'indole et ses dérivés.
(JA) インドール及びその誘導体(特に、インドール)を選択的に吸着するインドール及びその誘導体吸着剤を提供する。 各単量体に基づく構成単位を最適な比で混合して合成した共重合体が選択的にインドール及びその誘導体を吸着できる効果を有することを見出した。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)