このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181937) チタン合金素材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181937 国際出願番号: PCT/JP2018/013724
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 30.03.2018
IPC:
C22C 14/00 (2006.01) ,B21B 1/16 (2006.01) ,B21B 3/00 (2006.01) ,C22F 1/00 (2006.01) ,C22F 1/18 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
14
チタンを基とする合金
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B
金属の圧延
1
中実または輪かく状断面をもつ半製品を製造するための金属圧延方法または圧延機;圧延機列による連続作業;圧延機設備のレイアウト,例.スタンドの集合化;バスの連続またはカリバー形状の連続的変化
16
線材または類似の小断面を有する材料の圧延のためのもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B
金属の圧延
3
合金の組成によって特別な圧延法または圧延順序が必要とされまたは許容される組成をもった特殊合金材料の圧延
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
16
上記以外の金属またはそれを基とする合金
18
高融点金属,耐火金属またはそれらを基とする合金
出願人:
日本発條株式会社 NHK SPRING CO., LTD. [JP/JP]; 神奈川県横浜市金沢区福浦三丁目10番地 3-10, Fukuura, Kanazawa-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2360004, JP
発明者:
綾田 倫彦 AYADA Michihiko; JP
岡部 聡史 OKABE Satoshi; JP
小野 芳樹 ONO Yoshiki; JP
白石 透 SHIRAISHI Tohru; JP
代理人:
棚井 澄雄 TANAI Sumio; JP
松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi; JP
荒 則彦 ARA Norihiko; JP
仁内 宏紀 NIUCHI Hiroki; JP
優先権情報:
2017-07283231.03.2017JP
発明の名称: (EN) TITANIUM ALLOY MATERIAL
(FR) MATÉRIAU D'ALLIAGE DE TITANE
(JA) チタン合金素材
要約:
(EN) Provided is a titanium alloy material having a composition generally classified as a near α type and/or α+β type, the titanium alloy material being characterized by having an outer shell region, located on the surface side and having a Vickers hardness in the range of at least 400 HV and less than 450 HV, and a central region, located inside the outer shell region and having a Vickers hardness of at least 320 HV and less than 400 HV, wherein the boundary between the outer shell region and the central region is located, in the range of 1/200-1/40 of the length or diameter in the minor axis direction in a transverse plane, inward from the surface.
(FR) L'invention concerne un matériau d'alliage de titane présentant une composition généralement classée comme étant de type α proche et/ou de type α+β, le matériau d'alliage de titane étant caractérisé en ce qu'il présente une région de coque externe, située du côté de la surface et présentant une dureté Vickers dans la plage d'au moins 400 HV et inférieure à 450 HV, et une région centrale, située au sein de la région de coque externe et présentant une dureté Vickers d'au moins 320 HV et inférieure à 400 HV, la limite entre la région de coque externe et la région centrale étant située, dans la plage de 1/200-1/40 de la longueur ou du diamètre dans la direction d'axe mineur dans un plan transversal, vers l'intérieur à partir de la surface.
(JA) このチタン合金素材では、ニアα型および/またはα+β型に一般分類される組成を有するチタン合金素材であって、表面側に位置するとともに、ビッカース硬さが400HV以上450HV未満の範囲にある外殻領域と、前記外殻領域の内側に位置するとともに、ビッカース硬さが320HV以上400HV未満である中央領域と、を備え、前記外殻領域と前記中央領域との境界が、表面から内側に向けて、横断面における短軸方向の長さもしくは直径の1/200~1/40の範囲に位置していることを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)