このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181892) キノリノン化合物および抗RNAウイルス薬
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181892 国際出願番号: PCT/JP2018/013592
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 30.03.2018
予備審査請求日: 03.10.2018
IPC:
C07D 215/12 (2006.01) ,A61K 31/47 (2006.01) ,A61K 31/4704 (2006.01) ,A61K 31/4709 (2006.01) ,A61K 31/662 (2006.01) ,A61P 31/14 (2006.01) ,A61P 31/16 (2006.01) ,C07D 215/18 (2006.01) ,C07D 215/227 (2006.01) ,C07D 215/233 (2006.01) ,C07D 215/54 (2006.01) ,C07D 215/60 (2006.01) ,C07D 401/06 (2006.01) ,C07D 401/14 (2006.01) ,C07F 9/60 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
215
キノリン環系または水素添加したキノリン環系を含有する複素環式化合物
02
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
12
環の炭素原子に結合する置換炭化水素基を有するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47
キノリン;イソキノリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47
キノリン;イソキノリン
4704
2-キノリノン,例.カルボスチリル
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47
キノリン;イソキノリン
4709
縮合することなく,さらに複素環を含むキノリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
66
リン化合物
662
P-C結合をもつリン酸又はそのエステル,例.ホスカルネット,トリクロルホン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
12
抗ウィルス剤
14
RNAウィルスに対するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
31
抗感染剤,例.抗菌剤,消毒剤,化学療法剤
12
抗ウィルス剤
14
RNAウィルスに対するもの
16
インフルエンザ,ライノウィルス
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
215
キノリン環系または水素添加したキノリン環系を含有する複素環式化合物
02
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
16
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
18
ハロゲン原子またはニトロ基
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
215
キノリン環系または水素添加したキノリン環系を含有する複素環式化合物
02
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
16
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
20
酸素原子
22
2位または4位に結合しているもの
227
2位に1個の酸素原子のみが結合するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
215
キノリン環系または水素添加したキノリン環系を含有する複素環式化合物
02
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
16
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
20
酸素原子
22
2位または4位に結合しているもの
233
4位に1個の酸素原子のみが結合するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
215
キノリン環系または水素添加したキノリン環系を含有する複素環式化合物
02
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
16
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
48
異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子
54
3位に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
215
キノリン環系または水素添加したキノリン環系を含有する複素環式化合物
58
環の窒素原子に直接結合する異種原子を有するもの
60
N―オキシド
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
06
脂肪族炭素原子のみを含有する炭素鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
F
炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
9
周期律表の第5族の元素を含有する化合物
02
リン化合物
547
複素環式化合物,例.異項原子としてリンを含有するもの
553
異項原子として1個の窒素原子のみをもつもの
576
6員環
60
キノリンまたは水素添加キノリン環系
出願人:
国立大学法人 長崎大学 NAGASAKI UNIVERSITY [JP/JP]; 長崎県長崎市文教町1-14 1-14, Bunkyomachi, Nagasaki-shi, Nagasaki 8528521, JP
発明者:
水田 賢志 MIZUTA, Satoshi; JP
渡邊 健 WATANABE, Ken; JP
西田 教行 NISHIDA, Noriyuki; JP
濱田 剛 HAMADA, Tuyoshi; JP
石川 岳志 ISHIKAWA, Takeshi; JP
田中 義正 TANAKA, Yoshimasa; JP
大滝 大樹 OTAKI, Hiroki; JP
安田 二朗 YASUDA, Jiro; JP
浦田 秀造 URATA, Shuzo; JP
代理人:
高島 一 TAKASHIMA, Hajime; JP
鎌田 光宜 KAMADA, Mitsunori; JP
優先権情報:
2017-07223031.03.2017JP
発明の名称: (EN) QUINOLINONE COMPOUND AND ANTI-RNA VIRUS DRUG
(FR) COMPOSÉ DE QUINOLINONE ET MÉDICAMENT ANTI-VIRUS À ARN
(JA) キノリノン化合物および抗RNAウイルス薬
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a compound which has an anti-RNA virus activity and is useful as an anti-RNA virus drug, particularly an anti-influenza virus drug. The present invention provides a compound represented by formula (I) (wherein each symbol is as defined in the description) or a salt thereof.
(FR) La présente invention concerne un composé qui possède une activité anti-virus à ARN et qui est destiné à être utilisé en tant que médicament anti-virus à ARN, en particulier un médicament contre le virus de la grippe. La présente invention concerne également un composé représenté par la formule (I) (chaque symbole étant tel que défini dans la description) ou un sel de celui-ci.
(JA) 本発明は、抗RNAウイルス活性を有し、抗RNAウイルス薬、特に抗インフルエンザウイルス薬として有用な化合物を提供することを目的とする。本発明は、式(I)(式中、各記号は本明細書中で定義した通りである)で表される化合物またはその塩を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)