このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181865) カチオン型ルテニウム錯体及びその製造方法並びにその用途
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181865 国際出願番号: PCT/JP2018/013542
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 30.03.2018
IPC:
C07F 9/50 (2006.01) ,B01J 31/24 (2006.01) ,C07C 29/145 (2006.01) ,C07C 29/149 (2006.01) ,C07C 33/22 (2006.01) ,C07C 45/29 (2006.01) ,C07C 49/78 (2006.01) ,C07C 209/68 (2006.01) ,C07C 211/48 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01) ,C07F 15/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
F
炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
9
周期律表の第5族の元素を含有する化合物
02
リン化合物
28
1個以上のP-C結合をもつもの
50
有機ホスフィン
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
31
水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
16
配位錯体を含有するもの
24
ホスフィン
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
29
6員芳香環に属していない炭素原子に結合している水酸基またはO―金属基をもつ化合物の製造
132
酸素含有官能基の還元によるもの
136
>C=O含有基の,例.-COOH
143
ケトンの
145
水素または水素含有ガスによるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
29
6員芳香環に属していない炭素原子に結合している水酸基またはO―金属基をもつ化合物の製造
132
酸素含有官能基の還元によるもの
136
>C=O含有基の,例.-COOH
147
カルボン酸またその誘導体の
149
水素または水素含有ガスによるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
33
非環式炭素原子に結合する水酸基またはO―金属基をもつ不飽和化合物
18
環部分として6員芳香環のみを含有する一価アルコール
20
単環式のもの
22
ベンジルアルコール;フェニルエチルアルコール
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
45
炭素原子または水素原子のみに結合している>C=O基をもつ化合物の製造;それらの化合物のキレートの製造
27
酸化によるもの
29
水酸基の
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
49
ケトン;ケテン;二量化ケテン;ケトン性キレート
76
6員芳香環に結合しているケト基を含有するケトン
78
アセトフェノン
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
209
炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物の製造
68
アミノ基の関与しない反応によるアミノからのもの,例.不飽和アミンの還元,芳香族化または炭素骨格の置換
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
211
炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物
43
炭素骨格の6員芳香環系の炭素原子に結合しているアミノ基をもつもの
44
ただ1個の6員芳香環に結合しているアミノ基をもつもの
45
モノアミン
48
N―アルキル化アミン
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
C 化学;冶金
07
有機化学
F
炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
15
周期律表の第8族の元素を含有する化合物
出願人:
高砂香料工業株式会社 TAKASAGO INTERNATIONAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都大田区蒲田五丁目37番1号 37-1, Kamata 5-chome, Ohta-ku, Tokyo 1448721, JP
発明者:
小形 理 OGATA, Osamu; JP
代理人:
佐伯 拓郎 SAEKI, Takuro; JP
中村 正展 NAKAMURA, Masanobu; JP
佐伯 裕子 SAEKI, Hiroko; JP
牛山 直子 USHIYAMA, Naoko; JP
優先権情報:
2017-06979731.03.2017JP
発明の名称: (EN) CATIONIC RUTHENIUM COMPLEX, AND PRODUCTION METHOD THEREFOR AND USE THEREOF
(FR) COMPLEXE DE RUTHÉNIUM CATIONIQUE, SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION ET SON UTILISATION
(JA) カチオン型ルテニウム錯体及びその製造方法並びにその用途
要約:
(EN) The present invention provides a novel cationic ruthenium complex which is easy to produce and handle and can be procured at a relatively low cost and a production method for the ruthenium complex, a method for producing an alcohol or the like using the ruthenium complex as a catalyst, a method for producing a carbonyl compound using the ruthenium complex as a catalyst, and a method for producing a N-alkylamine compound using the ruthenium complex as a catalyst. The present invention pertains to a ruthenium complex represented by general formula (1): [RuX(CO)2(PNP)]Y (wherein, X represents a monovalent anionic monodentate ligand, Y represents a counter anion, PNP represents a tridentate ligand, and CO represents carbon monoxide), a production method for the ruthenium complex, a catalyst containing the ruthenium complex, and a production method for various organic compounds using the catalyst.
(FR) La présente invention concerne un nouveau complexe de ruthénium cationique qui est facile à produire et à manipuler et qui peut être fourni de manière relativement peu coûteuse ainsi qu'un procédé de production du complexe de ruthénium, un procédé de production d'alcools et similaire à l'aide du complexe de ruthénium en tant que catalyseur, un procédé de production de composés carbonyles à l'aide du complexe de ruthénium comme catalyseur, et un procédé de production de composés N-alkylamines à l'aide du complexe de ruthénium en tant que catalyseur. La présente invention concerne un complexe de ruthénium représenté par la formule générale (1) : [RuX(CO)2(PNP)]Y (dans laquelle, X représente un ligand monodenté anionique monovalent, Y représente un contre-anion, PNP représente un ligand tridentate, et CO représente le monoxyde de carbone). L'invention concerne également un procédé de production du complexe de ruthénium, un catalyseur contenant le complexe de ruthénium, et un procédé de production de divers composés organiques utilisant le catalyseur.
(JA) 本発明は、製造及び取り扱いが容易で比較的安価に調達できる新規カチオン型ルテニウム錯体及びその製造法と、該ルテニウム錯体を触媒としたアルコール類等の製造方法、該ルテニウム錯体を触媒としたカルボニル化合物の製造方法及び該ルテニウム錯体を触媒としたN-アルキルアミン化合物の製造方法を提供する。 本発明は、次の一般式(1) [RuX(CO)(PNP)]Y (1) (式(1)中、Xは一価アニオン性単座配位子を表し、Yはカウンターアニオンを表す。PNPは三座配位子を表し、COは一酸化炭素を表す) で表されるルテニウム錯体及びその製造方法、並びにそれを含有してなる触媒及び当該触媒を用いる各種有機化合物の製造方法に関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)