WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181758) 合わせガラス用中間膜及び合わせガラス
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181758 国際出願番号: PCT/JP2018/013339
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 29.03.2018
IPC:
C03C 27/12 (2006.01) ,B32B 17/10 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01) ,C08L 29/14 (2006.01) ,C08L 33/00 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27
ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06
融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10
目的に特に適する接着物によるもの
12
合わせガラス
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17
本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06
層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10
合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
29
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少くとも1つがアルコール,エーテル,アルデヒド,ケトン,アセタールまたはケタール基によって停止されている化合物の単独重合体または共重合体の組成物;不飽和アルコールと飽和カルボン酸とのエステルの重合体を加水分解したものの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
14
不飽和アセタールまたはケタールの重合によって,または不飽和アルコールの重合体の後処理によって得られるアセタールまたはケタールの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
33
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
出願人: SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.[JP/JP]; 4-4, Nishitemma 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308565, JP
発明者: OOHIGASHI, Yuji; JP
SHINDO, Kaoru; JP
代理人: MIYAZAKI & METSUGI; Chuo Odori FN Bldg., 3-8, Tokiwamachi 1-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5400028, JP
優先権情報:
2017-07290331.03.2017JP
発明の名称: (EN) INTERLAYER FOR LAMINATED GLASS, AND LAMINATED GLASS
(FR) COUCHE INTERMÉDIAIRE POUR VERRE FEUILLETÉ ET VERRE FEUILLETÉ
(JA) 合わせガラス用中間膜及び合わせガラス
要約:
(EN) Provided is an interlayer for laminated glass with which it is possible to improve the flexural rigidity of laminated glass over a wide range of temperatures, while improving the piercing resistance of laminated glass. This interlayer for laminated glass contains polyvinyl acetal resin and a second resin other than polyvinyl acetal resin, has a phase separation structure, and in an exponential curve fit which plots, as a log-log graph, the relation of complex viscosity at a frequency of 0.1-500 sec-1 at a temperature of 160°C with frequency as the x axis and complex viscosity as the y axis, the a in y=bxa falls within the range of -1 to -0.7 inclusive, the coefficient of determination R2 is 0.99 or higher, complex viscosity at a frequency of 100 sec-1 at a temperature of 160°C falls within the range of 900 Pa·s to 4500 Pa·s inclusive, and the glass transition temperature of components derived from the second resin is at least 30°C lower than the glass transition temperature of components derived from the polyvinyl acetal resin contained in the interlayer.
(FR) L'invention concerne une couche intermédiaire pour verre feuilleté avec laquelle il est possible d'améliorer la rigidité à la flexion du verre feuilleté sur une large plage de températures, tout en améliorant la résistance à la perforation du verre feuilleté. Cette couche intermédiaire pour verre feuilleté contient une résine de polyvinylacétal et une deuxième résine autre que la résine de polyvinylacétal, présente une structure à séparation de phase, et dans un ajustement d'une courbe exponentielle qui représente, sous la forme d'un graphique log-log, la relation de la viscosité complexe à une fréquence de 0,1 à 500 sec-1 et à une température de 160 °C, la fréquence formant l'axe x et la viscosité complexe l'axe y, la valeur a dans y = bxa se situe dans la plage de -1 à -0,7 (bornes incluses), le coefficient de détermination R2 est supérieur ou égal à 0,99, la viscosité complexe à une fréquence de 100 sec-1 et à une température de 160 °C se situe dans la plage de 900 Pa·s à 4 500 Pa·s (bornes incluses), et la température de transition vitreuse des composants dérivés de la deuxième résine est inférieure d'au moins 30 °C à la température de transition vitreuse des composants dérivés de la résine de polyvinylacétal contenue dans la couche intermédiaire.
(JA) 合わせガラスの曲げ剛性を広い温度範囲に渡り高めることができ、かつ合わせガラスの耐貫通性を高めることができる合わせガラス用中間膜を提供する。 本発明に係る合わせガラス用中間膜は、ポリビニルアセタール樹脂と、ポリビニルアセタール樹脂以外の第2の樹脂とを含み、相分離構造を有し、160℃における周波数0.1~500sec-1における複素粘度の関係をx軸を周波数及びy軸を複素粘度として両対数グラフでプロットした累乗近似曲線において、y=bxのaが-1以上-0.7以下かつ決定係数Rが0.99以上であり、160℃における周波数100sec-1での複素粘度が900Pa・s以上4500Pa・s以下であり、前記第2の樹脂に由来する成分のガラス転移温度は、中間膜に含まれる前記ポリビニルアセタール樹脂に由来する成分のガラス転移温度よりも30℃以上低い。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)