このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181746) 合わせガラス用中間膜及び合わせガラス
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181746 国際出願番号: PCT/JP2018/013323
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 29.03.2018
予備審査請求日: 01.08.2018
IPC:
C03C 27/12 (2006.01) ,B32B 7/02 (2006.01) ,B32B 17/10 (2006.01) ,B32B 27/22 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01) ,C08J 5/18 (2006.01) ,C08L 29/14 (2006.01) ,C08L 33/00 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27
ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06
融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10
目的に特に適する接着物によるもの
12
合わせガラス
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
7
層間の関係を特徴とする積層体,すなわち本質的に異なる物理的性質を有する層または層の相互連続を特徴とする積層体
02
物理的性質,例.堅さ,に関するもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17
本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06
層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10
合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
18
特別な添加剤の使用を特徴とするもの
22
可塑剤を用いるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
29
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少くとも1つがアルコール,エーテル,アルデヒド,ケトン,アセタールまたはケタール基によって停止されている化合物の単独重合体または共重合体の組成物;不飽和アルコールと飽和カルボン酸とのエステルの重合体を加水分解したものの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
14
不飽和アセタールまたはケタールの重合によって,または不飽和アルコールの重合体の後処理によって得られるアセタールまたはケタールの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
33
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
出願人:
積水化学工業株式会社 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区西天満2丁目4番4号 4-4, Nishitemma 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308565, JP
発明者:
大東 裕司 OOHIGASHI, Yuji; JP
進藤 郁 SHINDO, Kaoru; JP
代理人:
特許業務法人 宮▲崎▼・目次特許事務所 MIYAZAKI & METSUGI; 大阪府大阪市中央区常盤町1丁目3番8号 中央大通FNビル Chuo Odori FN Bldg., 3-8, Tokiwamachi 1-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5400028, JP
優先権情報:
2017-07289631.03.2017JP
発明の名称: (EN) INTERLAYER FOR LAMINATED GLASS, AND LAMINATED GLASS
(FR) COUCHE INTERMÉDIAIRE POUR VERRE FEUILLETÉ ET VERRE FEUILLETÉ
(JA) 合わせガラス用中間膜及び合わせガラス
要約:
(EN) Provided is an interlayer for laminated glass with which it is possible to increase the flexural stiffness of laminated glass at 23°C, and improve the sound insulation properties and piercing resistance of the laminated glass. This interlayer for laminated glass contains polyvinyl acetal resin and a plasticizer, and the gel fraction determined by formula (X) falls within the range of 10% to 80% by weight, inclusive, the glass transition temperature falls within the range of -30°C to 0°C, inclusive, and the maximum value for tanδ in the temperature region of -30°C to 0°C is at least 0.1. Formula (X): gel fraction (% by weight)=W2/W1×100 (in the formula, W1 is the weight of the interlayer before being immersed in tetrahydrofuran at 23°C, and W2 is the weight of the interlayer which has been immersed in tetrahydrofuran at 23°C and subsequently dried)
(FR) L'invention concerne une couche intermédiaire pour verre feuilleté avec laquelle il est possible d'augmenter la rigidité à la flexion du verre feuilleté à 23 °C, et d'améliorer les propriétés en matière d'isolation acoustique, ainsi que la résistance à la perforation du verre feuilleté. Cette couche intermédiaire pour verre feuilleté contient une résine de polyvinylacétal et un plastifiant, et la fraction de gel déterminée par la formule (X) se situe dans la plage de 10 % à 80 % en poids (bornes incluses), la température de transition vitreuse se situe dans la plage de -30 °C à 0 °C (bornes incluses), et la valeur maximale de tanδ dans la plage de températures de -30 °C à 0 °C est au moins égale à 0,1. Formule (X) : fraction de gel (% en poids) = W2/W1 × 100 (dans la formule, W1 est le poids de la couche intermédiaire avant immersion dans du tétrahydrofurane à 23 °C, et W2 est le poids de la couche intermédiaire immergée dans du tétrahydrofurane à 23 °C puis séchée).
(JA) 合わせガラスの23℃での曲げ剛性を高めることができ、かつ合わせガラスの遮音性及び耐貫通性を高めることができる合わせガラス用中間膜を提供する。 本発明に係る合わせガラス用中間膜は、ポリビニルアセタール樹脂と可塑剤とを含み、下記式(X)により求められるゲル分率が10重量%以上80重量%以下であり、ガラス転移温度が-30℃以上0℃以下に存在し、-30℃以上0℃以下の温度領域におけるtanδの最大値が0.1以上である。 ゲル分率(重量%)=W2/W1×100 ・・・式(X) W1:中間膜を23℃のテトラヒドロフランに浸漬する前の中間膜の重量 W2:中間膜を23℃のテトラヒドロフランに浸漬し、乾燥した後の中間膜の重量
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)