このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181738) 分離材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181738 国際出願番号: PCT/JP2018/013304
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 29.03.2018
IPC:
B01J 20/285 (2006.01) ,B01D 15/36 (2006.01) ,B01D 15/38 (2006.01) ,B01J 20/24 (2006.01) ,B01J 20/281 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
281
前処理,分析または調査のためのクロマトグラフィーに特に適した収着剤
282
多孔性収着剤
285
高分子化合物を基とするもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
15
固体吸着剤による液体の処理を含む分離方法;その装置
08
選択的吸着,例.クロマトグラフィー
26
分離機構に特徴があるもの
36
イオン相互作用を含むもの,例.イオン交換,イオン対,イオン抑制またはイオン排除
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
15
固体吸着剤による液体の処理を含む分離方法;その装置
08
選択的吸着,例.クロマトグラフィー
26
分離機構に特徴があるもの
38
グループ15/30‐15/36のうち2以上のグループに包含されない特定の相互作用を含むもの,例.親和性,配位子交換またはキラルクロマトグラフィー
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
22
有機物からなるもの
24
天然高分子化合物,例.フミン酸またはその誘導体
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
281
前処理,分析または調査のためのクロマトグラフィーに特に適した収着剤
出願人:
日立化成株式会社 HITACHI CHEMICAL COMPANY, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 9-2, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1006606, JP
発明者:
川口 亜季子 KAWAGUCHI Akiko; JP
渡邊 優 WATANABE Masaru; JP
河内 史彦 KAWAUCHI Fumihiko; JP
後藤 泰史 GOTOH Yasushi; JP
安江 健 YASUE Ken; JP
宮澤 笑 MIYAZAWA Emi; JP
代理人:
長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki; JP
清水 義憲 SHIMIZU Yoshinori; JP
平野 裕之 HIRANO Hiroyuki; JP
優先権情報:
2017-06756930.03.2017JP
発明の名称: (EN) SEPARATION MATERIAL
(FR) MATÉRIAU DE SÉPARATION
(JA) 分離材
要約:
(EN) Disclosed is a separation material provided with hydrophobic polymer particles and a coating layer that coats at least a portion of the surfaces of the hydrophobic polymer particles. The coating layer contains a hydrophilic polymer having a hydroxyl group. The hydrophilic polymer has an epoxy group or a group represented by -NH-R-L (where R is a hydrocarbon group and L is a carboxy group or an amino group).
(FR) L’invention fournit un matériau de séparation qui est équipé : de particules macromoléculaires hydrophobes ; et d’une couche de revêtement revêtant au moins une partie d’une surface de ces particules macromoléculaires hydrophobes. La couche de revêtement contient des macromolécules hydrophiles possédant un groupe hydroxyle. Ces macromolécules hydrophiles possèdent un groupe représenté par -NH-R-L (R représente un groupe hydrocarbure, et L représente un groupe carboxy ou un groupe amino.), ou un groupe époxy.
(JA) 疎水性高分子粒子と、該疎水性高分子粒子の表面の少なくとも一部を被覆する被覆層と、を備え、該被覆層が、水酸基を有する親水性高分子を含み、該親水性高分子が、-NH-R-L(Rは炭化水素基を示し、Lはカルボキシ基又はアミノ基を示す。)で表される基又はエポキシ基を有する分離材が開示される。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)