国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018181724) アルミ材のレーザキーホール溶接構造及びレーザキーホール溶接方法

Pub. No.:    WO/2018/181724    International Application No.:    PCT/JP2018/013276
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Mar 30 01:59:59 CEST 2018
IPC: B23K 26/24
B23K 26/067
Applicants: NIPPON CHEMI-CON CORPORATION
日本ケミコン株式会社
Inventors: HAYAKAWA Kazuhide
早川 和秀
ODASHIMA Fumito
小田島 史
KUBOUCHI Tatsuo
久保内 達郎
Title: アルミ材のレーザキーホール溶接構造及びレーザキーホール溶接方法
Abstract:
【課題】スパッタの発生を安定的に抑制して確実な電気的接続を確保しつつ、かつ、機械的にも強固な接続を得る、アルミ材のレーザキーホール溶接構造、及びキーホール溶接方法を提供することを目的とする。【解決手段】電子部品に対してレーザ光を照射して電子部品を構成するアルミ材要素を溶接して形成されたアルミ材のレーザキーホール溶接構造であって、形成される溶接ナゲットの上部のテーパ部広がり角度(θ)が45°以下であるアルミ材のレーザキーホール溶接構造とする。