このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181724) アルミ材のレーザキーホール溶接構造及びレーザキーホール溶接方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181724 国際出願番号: PCT/JP2018/013276
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 29.03.2018
IPC:
B23K 26/24 (2014.01) ,B23K 26/067 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
20
結合,例.溶接
24
シーム溶接
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
02
加工物の位置決めまたは観察,例.照射点に関するもの;レーザービームの軸合せ,照準,焦点合せ
06
レーザービーム光の成形,例.マスクまたは多焦点装置によるもの
067
ビームの分割,例.多焦点装置(マルチ・フォーカシング)
出願人:
日本ケミコン株式会社 NIPPON CHEMI-CON CORPORATION [JP/JP]; 東京都品川区大崎五丁目6番4号 5-6-4, Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo 1418605, JP
発明者:
早川 和秀 HAYAKAWA Kazuhide; JP
小田島 史 ODASHIMA Fumito; JP
久保内 達郎 KUBOUCHI Tatsuo; JP
代理人:
浜田 治雄 HAMADA Haruo; JP
優先権情報:
2017-07303331.03.2017JP
発明の名称: (EN) LASER KEYHOLE WELDING STRUCTURE OF ALUMINUM MATERIAL AND LASER KEYHOLE WELDING METHOD
(FR) STRUCTURE DE SOUDAGE LASER EN BOUCHON DE MATÉRIAU D'ALUMINIUM ET PROCÉDÉ DE SOUDAGE LASER EN BOUCHON
(JA) アルミ材のレーザキーホール溶接構造及びレーザキーホール溶接方法
要約:
(EN) [Problem] The purpose of the present invention is to provide a laser keyhole welding structure of an aluminum material and a keyhole welding method that stably suppress the occurrence of sputtering, secure a reliable electrical connection, and obtain a mechanically strong connection. [Solution] Provided is a laser keyhole welding structure of an aluminum material, the structure formed by welding aluminum material elements constituting an electronic part by irradiating laser light onto the electronic part, wherein the spreading angle (θ) of a tapered section at the top of a welding nugget to be formed is 45° or less.
(FR) Le problème décrit par la présente invention est de fournir une structure de soudage laser en bouchon d'un matériau d'aluminium et un procédé de soudage en bouchon qui suppriment de façon stable l'apparition de pulvérisation, fixent une connexion électrique fiable, et obtiennent une connexion mécaniquement résistante. La solution selon l'invention porte sur une structure de soudage laser en bouchon d'un matériau d'aluminium, la structure étant formée par soudage d'éléments de matériau d'aluminium constituant une partie électronique par irradiation d'une lumière laser sur la partie électronique, l'angle d'étalement (θ) d'une section conique au sommet d'une pépite de soudage à former étant de 45° maximum.
(JA) 【課題】スパッタの発生を安定的に抑制して確実な電気的接続を確保しつつ、かつ、機械的にも強固な接続を得る、アルミ材のレーザキーホール溶接構造、及びキーホール溶接方法を提供することを目的とする。【解決手段】電子部品に対してレーザ光を照射して電子部品を構成するアルミ材要素を溶接して形成されたアルミ材のレーザキーホール溶接構造であって、形成される溶接ナゲットの上部のテーパ部広がり角度(θ)が45°以下であるアルミ材のレーザキーホール溶接構造とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)