このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181671) ガラス板用合紙及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181671 国際出願番号: PCT/JP2018/013130
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 29.03.2018
IPC:
B65D 57/00 (2006.01) ,B65D 85/48 (2006.01) ,C03B 40/033 (2006.01) ,D21F 11/00 (2006.01) ,D21H 27/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
57
可撓性物品用の内部枠,または内部支持部材,例.スチフナー;積重ねまたは一まとめで包装される物品用の隔離部材,例.接着性物品の粘着防止用のもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
85
特定の物品または材料に特に適合する容器,包装要素または包装体
30
衝撃または圧力による損傷に特に鋭敏な物品用
48
ガラス板用
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
40
ガラスとガラス間またはガラスと成形手段間の粘着防止
02
潤滑によるもの;離型剤または潤滑剤としての材料の使用
033
ガラス間の接着防止手段
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
F
抄紙機;それによる紙の製造方法
11
抄紙機で紙,厚紙,ファイバーボード用湿紙,の長尺物を製造する工程
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
H
パルプ組成物;サブクラスD21C,D21Dに包含されないその製造;紙の含浸またはコーティング;クラスB31またはサブクラスD21Gに包含されない完成紙の処理;他に分類されない紙
27
他に分類されない特殊紙,例.多段階工程によって製造されるもの
出願人:
特種東海製紙株式会社 TOKUSHU TOKAI PAPER CO., LTD. [JP/JP]; 静岡県島田市向島町4379番地 4379, Mukaijima-cho, Shimada-shi, Shizuoka 4278510, JP
発明者:
浅井 靖彦 ASAI Yasuhiko; JP
西村 孝之 NISHIMURA Takayuki; JP
代理人:
実広 信哉 JITSUHIRO Shinya; JP
優先権情報:
2017-06720030.03.2017JP
発明の名称: (EN) GLASS PLATE SLIP SHEET AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) PAPIER INTERCALAIRE POUR PLAQUE DE VERRE, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CELUI-CI
(JA) ガラス板用合紙及びその製造方法
要約:
(EN) The present invention pertains to a glass plate slip sheet having timber pulp as the raw material therefor. The ratio of talc present on one surface is no more than 10/100 m2 and the difference between the ratio of talc on one surface and the ratio of talc on the other surface is no more than 5/100 m2. This glass plate slip sheet is capable of solving the problems caused by differences in the state of the front and rear surfaces thereof.
(FR) L’invention concerne un papier intercalaire pour plaque de verre qui a une pâte de bois pour matière première, et dans laquelle la proportion de talc présent sur une surface, est inférieure ou égale à 10/100m, et la différence entre la proportion de talc présent sur cette surface, et la proportion de talc présent sur l’autre surface, est inférieure à 5/100m. Ainsi, le papier intercalaire pour plaque de verre de l’invention permet de résoudre les problèmes découlant d’une variation de l’état de faces recto et verso.
(JA) 本発明は、木材パルプを原料とするガラス板用合紙であって、一方の表面におけるタルクの存在割合が10個/100m以下であり、一方の表面上のタルクの存在割合と他方の表面上のタルクの存在割合との差が5個/100m以内であるガラス板用合紙に関する。本発明のガラス板用合紙は表裏面の状態の相違に由来する問題点を解決することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020180135857